スキルパッケージ内容

 同時通訳を通訳者自宅または遠隔同時通訳オフィスから実施します。
形態は大きく分けて
a) Zoomの言語通訳機能を使った同時通訳(お客様側でZoomとウェビナープラン等の契約が必要)
b) ZoomやMicrosoft Teamsなどのビデオ会議ツール2回線を利用した同時通訳
c) Zoom等ビデオ会議1つの回線でメインの会議を実施し、通訳が必要な聴衆には同時通訳専用に開発されたInterpretexやInteractioのようなプラットフォームを併用して通訳音声を配信(プラットフォーム提供者へのお支払いが別途必要)
の3種類があります。
 英語から日本語、日本語から英語の「双方向の通訳」が必要な場合は、Zoomの言語通訳機能、または同時通訳プラットフォームをお使い頂く方が切り替えがスムーズです。(双方向の通訳に2回線を使うと通訳者が手元で切り替えるオペレーションが増えるため、集中力を要する同時通訳の最中では気を付けていてもミスが起きがちです。)英語から日本語など、一方向にしか訳さなくてよい(例:英語で行われるセミナーを日本人参加者向けに日本語訳するだけ)場合は、オリジナルの英語音声を聴くだけの回線一つと、日本語の通訳音声を流す回線一つで、合計二つのミーティングIDをご用意下さい。
 上記a)Zoomウェビナーの場合は1回線で同時通訳可能ですが、通訳者同士が別手段を講じないとパートナー音声をモニタリングできませんので、あまりお勧めはしておりません(Interpretex等同時通訳専用プラットフォームの併用をお勧めしております)。もちろん、Teamsなどでサブ回線を通訳者専用に設けて互いをモニタリングすることは可能ですが、ミスや回線トラブルが起きるリスクは増えますし、通訳者にとってはオペレーションが増えるため、プロフェッショナルとしては最適なご提案ではないことをご理解頂けますと幸いです。
 なお、同時通訳は15分程度ごとに通訳者の交代が必要です。ご依頼頂きましたらパートナー通訳者を探しますので料金は2名分必要となります。もし社内通訳など通訳者がすでに一名はいらして、パートナーを探されているだけの場合は、一名のみの発注としてお見積もりを致します。

購入時のお願い

・通訳は事前準備が肝です。どういうトピックの会議なのかをまずお知らせ下さい。資料は極力事前にお送り下さい。それに基づいて準備をして当日に臨みます。同時通訳だと、訳しながら調べる時間はありませんので、事前に資料を頂けない場合は、訳の精度が落ちてしまいます。円滑で自然な訳にするためにも、資料は(ドラフトでも構いません)案件日の3日前までにはお送り頂けるとご満足いただける通訳ができるかと存じます。
・お話になる方はEarpods、Airpodsやヘッドセット等、単一指向性のマイクがついたものをつけてお話しいただくようにお願い致します。パソコン内蔵のマイクや全指向性のマイクを使った場合は通訳者にクリアに音声が聴こえず通訳がしづらいのと、タイピングや周りの環境音を拾ってしまい、聴いているほかの方の気も散るため、お勧めできません。
・Zoomで動画やスライドをシェアする際の通信は、有線LAN(イーサネット)接続をお勧めしております。Wi-Fiで接続された場合、電子レンジや携帯電話などの電波干渉を受けて発言が聴こえなくなる事例が多々ございます。同時通訳の場合は話者への聞き直しができませんので、その部分はカットすることになります。
まだ評価はありません