オフィスの記事一覧

働き方の選択を自由な意思で決める人を応援する『THE LANCER』のオフィスに関する記事一覧です。フリーランスやSOHO、在宅ワーク、副業などの働き方に役立つ情報満載です。気になる記事を探してみてください。

横目に多くの飲食店を見ながら、緩やかな坂を登った先。表に桜のシンボルマークが掲げられた建物が見えてきたら、そこがコミュン渋谷です。様々なワークスタイルに対応できる「多機能型レンタルオフィス」が特徴のコミュン渋谷には、1階はコワーキングスペース、2〜4階は個室を完備。個室は要望に合わせ、部屋を大きくするなどリノベーションにも対応しています。そんなコミュン渋谷の魅力についてスタッフの五十嵐也人さんにお聞きしました。

もっと見る

渋谷駅・徒歩1分の場所にあるコワーキングスペース「ありんこオフィス」。都心のど真ん中、渋谷ヒカリエのすぐ隣という好立地にも関わらず、店内は非常に静か。自分の世界に入り込み、目の前の作業に打ち込むことができます。1日最大1,000円で利用でき、ドロップインを中心に運営されているため、コワーキングスペース初利用者でも気軽に使えます。そんな、ありんこオフィスのコンセプトと特徴について代表の佐野真之さんにお聞きしました。

もっと見る

渋谷区・宇田川町にあるクリエイターの仕事場、co-lab渋谷アトリエを紹介します。デザイナーや建築家などクリエイターを中心に、20代前半から70代まで幅広いメンバーが所属するco-lab渋谷アトリエでは、仕事のスタイルも人それぞれ。個人作業に集中するときもあれば、メンバー同士が「コラボ」し、協働して制作することもあります。そんなco-lab渋谷アトリエの魅力について、コミュニティ・マネージャーの佐藤千秋さんにお聞きしました。

もっと見る

渋谷駅から歩いて数分。明治通りを一本入った、喧騒と程よい距離をおくシェアオフィス『PORTAL』。シェアハウスの情報サイトを手がける「ひつじ不動産」が運営する。フリーアドレス中心の広々とした空間。壁半分が窓ということもあり、開放的なワークプレイスです。シェアハウスから引き継いだコミュニティづくり、オフィスならではの工夫について聞きました。

もっと見る

2011年12月、渋谷に誕生したクリエイターのためのワークスペースco-ba shibuya(コーバ シブヤ)。日本初のシェアライブラリを開設、全国各地へのネットワーク展開など、新しい試みを続ける。最大の特徴は、集まる人たちで生み出すコラボレーション。働く場であり、コミュニケーションの場でもあるco-baを紹介します。

もっと見る

渋谷・ヒカリエから徒歩1分の距離にある、コワーキングスペースのbeezを紹介します。ドロップインがメインで、なんと5分単位での課金形態。オーナーの新谷さんは数年前まで、誰もが知る大手企業に務めていました。ノマド的な働き方に憧れて、もっと自由で気軽に使えるワークスペースをつくろうと起業。beezのコンセプトと共に、スペースを紹介します。

もっと見る

オフィス以外の場所で働くのが「遊牧民」を意味するノマド。新しい働き方の名称として知られるようになりました。オフィスを持たないノマド、オフィスがあっても移動しながら仕事をするノマド。オフィスとノマドワーカーの様々な形を見ることができます。

もっと見る

岩手県で活躍する伊藤 貴之(いとう たかゆき)さん。会社員時代は、東京の大手シンクタンク勤務。一念発起し、故郷の岩手でフリーランスとして活動開始。地域の人をワクワクさせたいという想い。地域における新しい働き方の先駆者として、Lancer of the Year 2015にて『地域を元気にするランサー賞』の受賞者インタビュー。

もっと見る

仕事をするにも生活を送るにも快適な場所が良いもの。暑くなれば涼しい土地へ、寒くなれば暖かい土地へ、北へ南へ季節ごとに快適な地を求めて移住する。ノマドで仕事をしているなら不可能ではありません。世界中のどこででも、自分の好きな場所で仕事ができます。それこそノマドワーカーの特権でしょう。

もっと見る

急増中のノマドワーカー。カフェで仕事もカッコいいですが、資料を広げるには狭いと感じること、ありませんか? そんな人におすすめなのが図書館の利用です。今どきの図書館はWifi環境が整っていたり、コーヒーが飲めたりと至れり尽くせり。癖になる快適さです!

もっと見る