ネーミングの記事一覧

働き方の選択を自由な意思で決める人を応援する『THE LANCER』のネーミングに関する記事一覧です。フリーランスやSOHO、在宅ワーク、副業などの働き方に役立つ情報満載です。気になる記事を探してみてください。

東洋経済が新メディアの立ち上げに際し、媒体名とロゴデザインのコンペを開催しました。ネーミング1112件、ロゴデザイン216件という多くの提案を集めた同コンペ。ネーミングコンペ当選者とともに、東洋経済社へ訪問してきました。ランサーとクライアントが語り合う、新媒体とメディア名に込めた想いとは。

もっと見る

「屋号」は開業された方が、お店や事務所を構えるときにつけるものだと思っていませんか? いえいえ。フリーランスでも「屋号」を掲げることは可能です。でもそれって必要なの? ルールはあるの? どんなメリットがあるの? そんな「屋号」についての知っておきたい基礎知識をご紹介いたします。

もっと見る

神戸の地で行政書士として開業から7年。宅建士、FP、知財管理士等の資格を保有し、日々、顧客のために奔走する田頼さん。行政書士として働く傍ら、フリーライターとしてネーミングや記事作成にも取り組んでいる。本人いわく「行政書士の仕事は、ライターに通ずる」そうだ。士業という肩書をもちながら、二足目のわらじとしてフリーランサーとしても活躍中。行政書士とライターが相性の良い理由とは?

もっと見る

個人事業として開業を決意! でも名称ってどうすればいいの?名称というのは、個人事業を始めるうえであなたの「看板」。名称がなくても独立開業は可能ですが、せっかくの個人事業を始めるにあたって、名称をつけることはとっても大切なことです。

もっと見る

確定申告の時、氏名欄の付近に「屋号(または雅号)」を記入する箇所があります。個人事業主として個人で仕事をしている人も、確定申告の際、屋号を記入しなくてはいけないのでしょうか? 銀行口座や領収書は個人名ではいけないのでしょうか? 確定申告の屋号にまつわる「よくある質問」を解決していきましょう。

もっと見る

新規プロジェクトや新商品を発売する際に必要となってくるのがネーミングです。 親しみやすく、そのものを適切に表現したぴったりなネーミングを決定するには、紆余曲折があり時間がかかってしまうものですが、ネーミングにはつけ方のコツがいくつか存在します。今回はネーミングを考えるために参考になる、ネーミングのコツをご紹介します。

もっと見る

名刺のデザインは企業のイメージに繋がる重要なデザインです。それ故に、デザインにこだわって作りたいという方も多いのではないでしょうか。 クラウドソーシングを活用すれば、日本全国のクリエイターに対して、デザインコンペを実施し、納得のいくデザインをスピーディに手に入れることができます。 今回はクラウドソーシングで名刺デザインを依頼するメリットをご紹介します。

もっと見る

新商品や新サービスのローンチ時、新会社を設立する際など、新たなものを世に生み出すタイミングで必ず必要となってくるのが「ネーミング」です。 「名は体を表す」と言われるように、そのものを端的に表現できる必要がありますし、ビジネスである以上、少しでも多くの方に認知されやすく、場合によっては親しみを感じてもらい、場合によっては特別感を与えられるようなネーミングが必要となります。 そこで今回は、クラウドソーシングでネーミング作成を依頼するメリットと事例をご紹介していきます。

もっと見る

クラウドソーシングで「ネーミング依頼」をご利用いただいたことはあるだろうか。自分自身では考えもつかないような社名や店舗名、サービス名などを不特定多数の方々から募集することで、何百もの選択肢をもって意思決定できる。今回は、ランサーズで、その社名とサービス名を募集した(株)ユニリングス代表の星氏にお話を伺った。

もっと見る