働き方の記事一覧

「フリーランスだからこその『働く場所の選択肢』があってもいいのでは」と考える、フリーランス歴10年の筆者。彼女がたどり着いたのは、思いもよらない絶景と、人とのつながりが感じられる「LivingAnywhere Commons伊豆下田」という拠点でした。

もっと見る

LivingAnywhere Commons のメンバーになると、どんな人との出会いが待っているのでしょうか?LivingAnywhere Commons伊豆下田で出会ったメンバーへのインタビューから見えてきたのは、彼/彼女たちの望む働き方に対する強い思いと、実現に向けチャレンジする行動力でした。

もっと見る

場所やライフライン、仕事など、あらゆる制約にしばられることなく、好きな場所でやりたいことをしながら暮らす。そんな生き方(LivingAnywhere)の実践を目的としたコミュニティ「LivingAnywhere Commons」のメンバーに共有されたガイドライン(行動指針)とは、どのような内容なのでしょうか。

もっと見る

Wi-Fiを完備したワークスペースに、シャワー・宿泊ルームのあるレジデンススペース。LivingAnywhere Commonsは、仕事をしながら場所に縛られず長期間滞在ができる共有地です。 伊豆下田の拠点で行われたワーケーション合宿に参加したフリーライターを待っていたのは、日常生活では味わえない体験でした。

もっと見る

都内の保険代理店に勤めるまいこさん。営業職として、窓口でお客様の保険プランの見直しなどのサポートをしています。副業者としての活動はまだはじめたばかり。様々なジャンルのライティングを続け、実績を積み、副収入と理想の働き方の獲得を目指しています。

もっと見る

税理士事務所に勤める河上悠介さんは、税理士を目指し勉強をしながら、副業にも取り組んでいます。副業に挑戦する理由はスキルアップと、ちょっとした贅沢のため。いつもより、ほんの少し贅沢な時間を奥さんと過ごすための、河上さんの副業実践のスタイルとは。

もっと見る

加藤夏裕さんは企業のプロモーションを支援する会社に勤めるブランドクリエイター。本業の傍ら、音楽などエンターテイメントに関する副業を行なっています。「副業」の「副」という言葉は、あまり好きではないと語る加藤さん。その真意を取材しました。

もっと見る

もし、勤めている会社が急に倒産してしまったら、あなたならどうしますか。柳内郁文さんは1年前、勤務先の会社が突然の倒産。今後の最適な働き方を模索した結果、フリーランスを選択しました。どん底から這い上がった、元サラリーマンの考えに迫ります。

もっと見る

出版関連の会社で編集を担当する山脇佑介さん。副業は収入以外の面でもポジティブな成果を生み出しているそうです。実は山脇さんはNPOで理事も務めるパラレルワーカー。本業も副業も、NPOでの活動も、自分の人生を豊かにするため必要と話します。

もっと見る

静岡で大型プリンタなどを製造するメーカーに勤務する安藤尚由さん。歴15年のベテランエンジニアですが現在は総務部に所属しています。開発現場から距離を置いた現状ですが、これまでの技術を活かすためエンジニアとして副業を実践しています。

もっと見る

副業ライターとして活動する山元 真さん。本業はシステムエンジニアで開発業務に携わっています。ランサーズとの出会いで、自動車専門の副業ライターとして活動をはじめ、モータージャーナリストになるべく挑戦中。エンジニアとジャーナリスト、二足のわらじの履き方とは。

もっと見る

中学校教諭として働く古舘裕之さんは、2年前に早稲田大学大学院博士課程に入学。教育社会学を研究しています。また彼は、認知科学のノウハウを活かし構築された『苫米地式コーチング』の認定コーチでもあります。研究生活の傍ら、副業をはじめたきっかけとは?

もっと見る