伊豆下田をもっと面白く! NanZ VILLAGEの梅田直樹さんが語る、ここまでのこと。そして、これからのこと。

伊豆下田をもっと面白く! NanZ VILLAGEの梅田直樹さんが語る、ここまでのこと。そして、これからのこと。
LivingAnywhere Commonsの拠点の1つ「NanZ VILLAGE(ナンズヴィレッジ)」は静岡県下田市にあり、「ワーク&ライフスタイルに革新を」をミッションに掲げている。そんなNanZ VILLAGEのマネージャー、梅田直樹さんにお話をうかがった。
LANCER SCORE
49

好きなときに、好きな場所で働き、暮らす「LivingAnywhere Commons」

場所やライフライン、仕事など、あらゆる制約にしばられることなく、好きな場所でやりたいことをしながら暮らす生き方(LivingAnywhere)をともに実践することを目的としたコミュニティ「LivingAnywhere Commons」。

LivingAnywhere Commonsのメンバーになると、日本各地に設置されたLivingAnywhere Commonsの拠点の共有者となり、仲間たちと共に、場所に縛られない暮らし方を体験できます。

今回、拠点のひとつであるLivingAnywhere Commons伊豆下田で、自分らしい生き方を体現する方にインタビューさせていただきました。

梅田直樹さんがマネージャーを務めるNanZ VILLAGEとは

LivingAnywhere Commonsでは現在、好きな場所でやりたいことをしながら暮らす生き方を推進すべく、日本各地に拠点を拡大中です。

今回訪れた「NanZ VILLAGE(ナンズヴィレッジ)」はそんな拠点の中の1つで、かつてペリーが上陸し「開国の街」として知られる静岡県下田市に存在しています。

NanZ VILLAGEを運営しているのは、”グランピングの先駆け”として全国にアウトドア空間をプロデュースしている「VILLAGE INC.(ヴィレッジインク)」。

VILLAGE INC.が掲げるミッション「ワーク&ライフスタイルに革新を」は、LivingAnywhere Commonsが目指している未来と奇跡的と言えるほど近く、LivingAnywhere CommonsとVILLAGE INC.が手を取り合うのは、ごく自然な結果と言えるでしょう。

今回は、そんなVILLAGE INC.が下田で力を入れているNanZ VILLAGEのマネージャー、梅田直樹さんにお話をうかがうことができました。

地元に愛された製氷場跡地を地域のイベントスペースとして活用

▲更地になった場所が地域のイベントスペースに様変わり。オシャレなお店が並んで魅力的な雰囲気に溢れている

ーまずは、このNanZ VILLAGEについてお話を聞かせていただけますか

ここは、もともと「南豆製氷」という歴史ある製氷場で、地元からも愛されてきた場所だったんですね。

でも年月が経って老朽化が進み、建物として維持していくことが難しくなってきたんです。オーナーさんは何とかこの製氷場を残そうとしたんですが、自分でやるにも構造補強費などで何億もかかるんですよね。誰からも協力が得られず、仕方なく更地にしたわけなんですけど、周りからは「なんでそこを潰したんだ」とバッシングを受けるんです。

そんな中で弊社VILLAGE INC. 代表の橋村とオーナーさんが出会い、「ここをなんとかできればいいね」という流れになって生まれたのがNanZ VILLAGEです。僕はそのタイミングで、ここのマネージャーとしてお話をいただきました。オープンしたのが2015年9月で、今年で4年目になりますね。

ーNanZ VILLAGEでやっていることについて教えてください

NanZ VILLAGEの中にあるレストラン「NanZ Kitchen(ナンズキッチン)」では、下田の海産物を使用した料理を提供していて、レストランの他にも多国籍居酒屋やハンバーガーショップなどで食事を楽しめます。

また「週末アドベンチャートリップ」として、

  • シュノーケリング
  • シーカヤック
  • クルージング
  • サイクリング
  • パラグライダー

など伊豆半島の自然を堪能できるツアーも紹介しているので、アクティビティが好きな方にもおすすめです。

イベントとしては、ここのスペースを使ってマルシェを開いたり、高校生と一緒にカフェをやったり、あとは下田産のレモンを使ったシャーベット販売などもやりましたね。

運命の出会いは、地元の美容室から生まれた

▲NanZ VILLAGEを運営する梅田直樹さん。明るく朗らかで、いつも楽しげな雰囲気を漂わせている

ーそもそも梅田さんはどのような経緯で、この仕事を始めたのでしょうか

僕はもともと自動車関係の事業をしていたんですが、2011年にVILLAGE INC.代表の橋村に出会ったんです。

たまたま友人の美容室に行ったところ、「面白いやつがいるよ」と紹介されたのが橋村でした。話を聞くと、ゼロから2年かけてキャンプ場を作ったって言うじゃないですか。いろいろ話を聞いていくなかで、「こんな面白い人いるんだ」って思いましたね。

またそのときちょうど自分は40歳になる手前で、「このままでいいのかな?」と悩んでいたタイミングでもあったんです。やっていた事業は親から引き継いだものだったので、「ゼロから生み出す」ということに憧れていた部分もあったのかもしれません。

なんとなく、この人と一緒なら新しい自分を出せるかもしれない、そう感じてお付き合いさせてもらっていました。それが、今の仕事につながっています。

「地域に関わる仕事をしたい」と思うきっかけとなった、娘の一言

ー今のようなお仕事には、前々から興味があったのでしょうか

そうですね……。娘が小3のときの話なんですが、下田でいちばん大きなお祭りがあって、そこに娘と出かけたんです。下田のお祭りにはたくさんの人がやって来ますが、終わったら閑散とするんですよ。

その祭りの帰り道で、娘が「とうと(お父さん)、お祭りのときには下田にたくさん人が来てくれるのに、なんでお祭りが終わったらいなくなっちゃうの?今日みたいな日がずっと続くといいのになぁ」って言ったんですね。

それを聞いて、なんというか……。

そのような仕事に関わることで、彼女が1日だけでも喜んでくれたら、もうそれでいいな、って。そう思ったのが、実はいちばん最初のきっかけなんですよね。

単純に僕は、子どもたちが大人になることを楽しみにしていてほしいんです。それは街に対しても思っていることで、10年後ももっと先も、楽しい街でいてほしいんです。

人生で何よりも一番きつかったのは「自分の先行きが見えてしまったこと」

写真撮影=さやな(@_navilabo

ー家族を抱えながら40歳手前でまったく未知の仕事を始める。かなりの勇気が必要だったのではないでしょうか

僕は、自分が20歳のときに父親が脳梗塞で倒れ、そこから家業を継ぎました。仕事をしながら父親の面倒も見て、周りからすると「いい息子」だったと思うんですよね。そんな自分に対して、自分でもある種の自負があったと思います。

でも、納得して歩んできた道ではあったものの、40歳目前でなんとなく先が見えてしまって怖くなってしまったんです。来年はこんな仕事をしているし、5年後はこんな感じ、10年後はだいたいこんな感じって。

僕にとって、「自分の先行きが見えてしまった」というのが、これまでの人生の中で一番きつかったんです。自分の人生の続きがわかってしまっている、こんなにつまんないことってあるんだ、って思いましたね。だから、僕に一歩を踏み出させたものは「勇気」というよりも、「怖さ」なんですよ。

そんな時に橋村に出会って、こんなワクワクするような生き方をしている人がいるんだ、自分もそちら側に行きたい、そう思いました。たしかに収入面で見れば大幅にダウンすることは明らかでした。でも、2つ並べてどちら取る?と聞かれた時に、僕は新しい選択肢を取りたかったんです。

地元の仲間や友人には「なんで家業捨ててまでやるの?」と言われましたし、今でもそう思っている人はいるかもしれません。父の代から約40年かけて積み上げてきた地元でのコミュニティや仕事を捨てて、まったくのよそ者と訳の分からないことをするわけじゃないですか。そりゃそう思われても仕方ないですよね。

でも、僕からすると最後のチャンスに思えたんです。

だから後悔はまったくありません。むしろ、あのタイミングで決めることができて、僕は運が良かったんだと、本当にそう思います。

妻や子どもたちには「個」としての強さを持てるようになってほしい

ー仕事を変えたことで、家族との関わり方は変わりましたか

以前、僕は家業のこともあったので、「しっかりとした人間に育てなくては」という思いから、子どもに対しては割と厳しく当たっていたんですね。特に長男に対してはそれが強かったように思います。また生活も、日中は忙しく働いて夜は付き合いで飲み歩いてと、家族との時間を十分に持てない期間が続きました。その点で、家族には大変な思いをさせたと思っています。

でも、新しいチャレンジを決めたことで、僕の中で「家族観」が変わったんですね。変わったというよりはクリアになった、という方が近いかもしれません。家族という枠組みにとらわれることなく、妻や子どもたちにも「個」としての強さを持ってもらえるといいな、と感じるようになりました。

たとえ家族であっても、親が子に依存してはいけないし、子も親に依存し過ぎてはいけないと思います。「それはドライすぎないか」「無責任ではないか」という単純な話ではなく、もっと深い部分でそう感じるんです。

ーその考え方は以前からお持ちだったのでしょうか

昔、雑誌の背表紙に「どこにも属さないことに不安をかんじないような芯の強さと軽さを持てたらいいね」という言葉が書かれていたんですね。それを見たときに「これだ ! 」と思って、それから常にこの言葉を自分で大切に抱えてきました。自分の中で大切にしたい価値観を言語化してくれているように感じるんです。

人が変わるのに年齢は関係ない。否定はしない。やりたいことがあるならやろう。

僕は40歳を過ぎて変わったので、年齢は関係ない、早い遅いはない、と本当にそう思っています。

若いのに自分よりもしっかりしている方はたくさんいますし、人種だって言語だって、そんなものにとらわれる必要はまったくない。やりたいことがあるならやればいいと思うし、人の目を気にして迷っているのであれば、それは考えなくていいよ、と伝えたい。

だから、僕は仕事を変えてから、子どもたちに対して「否定をすること」を一切やめたんですね。

かつては子どもの将来や世間体を気にして、ついうるさく言ってしまう自分がいました。でも自分が生き方を変えて、変わったんです。今は、自分が選んだ道を好きなように歩んでほしい、どんどん外の世界に出て行ってほしい、心からそう思っています。

だいたい自分がこれだけ好きなことしてるのに、偉そうに「やめろ」なんて言える訳ないじゃないですか(笑)

人生を大きく変える人の縁。突き抜けたワクワク感が仲間を引き寄せる「VILLAGE INC.」

取材中、梅田さんはとにかく人の縁に感謝しているということを常におっしゃっていました。

今の仕事にたどり着くまでの経緯をうかがえば、梅田さんがそう感じるのは当然かもしれない。しかし、人の縁に感謝し続けてきたからこそ、今の巡り合わせが生まれたのではないか。会う人会う人に明るく声をかけている梅田さんを見ていると、そう強く感じました。

なんだかワクワクする人たちが急速に集まりつつあるLivingAnywhere Commons伊豆下田。

今LivingAnywhere Commonsでは、VILLAGE INC.や梅田さんのような、自由な働き方を共創してくれるメンバーを募集しているとのことです。今回の記事を読んで少しでも興味を持った方は、ぜひ募集ページをチェックしてみてくださいね !

【号外】下田レモンをブランド化した「アゴレモン」にアゴ長詐称疑惑 ! ?

ー梅田さん、実はちょっと気になったことがありまして。下田レモンの取り組みって、梅田さんのアゴが長いことから「アゴレモン」とブランド化して商品を販売したんですよね?

そうです(笑)けっこう人気が出て、かなりのレモンが売れたんですよ。

ーでも、梅田さんのアゴって本当に長いんですか?

え?

ー本当は長くないのに、長いフリをして営利目的に利用しているんじゃないのかなって

ええ ! ? (汗)

ー調べたところ、アゴの長さの平均値は男性が3.8cm、女性が3.5cmらしいです。つまり、3.8cmを上回っていれば「アゴ長詐称疑惑」は解消されます。……測ってもいいですか?

そんなこと言われたの初めて ! ! (笑)

ー手元に定規が無いので、スマホアプリを使って測らせてもらいますね。

▲初対面でいきなりアゴの長さを測る暴挙に快く応じてくださる梅田さん

ー……ジャスト4cmですね。ということは……平均よりもアゴは長いです。疑惑は晴れましたので、胸を張ってアゴブランドを使っていただいて構いません ! 失礼しました ! !

よかった ! ! (笑)

▲アゴの長さを証明した梅田さんの目は自信に満ち溢れ、下田の明るい未来を見つめている

梅田さん、本当にありがとうございました ! ! !

RECOMMEND
関連記事