満員電車に乗らない働き方を目指して、副業の道を歩む保険代理店営業職

満員電車に乗らない働き方を目指して、副業の道を歩む保険代理店営業職
都内の保険代理店に勤めるまいこさん。営業職として、窓口でお客様の保険プランの見直しなどのサポートをしています。副業者としての活動はまだはじめたばかり。様々なジャンルのライティングを続け、実績を積み、副収入と理想の働き方の獲得を目指しています。
LANCER SCORE
11

満員電車に乗らない働き方の実現を目指す

保険代理店で窓口業務を担当するまいこさん。来店されるお客様の保険プランの見直しをサポートしています。

副業は禁止されているため、同僚との話の中で副業が話題に挙がることはありません。そんななか、まいこさんが副業をはじめたのは副収入と望む働き方を手に入れるため。満員電車に揺られることなく、働く術はないのか。そう考えた時に出会ったのがクラウドソーシングでした。現在は副業ライターとして活動しています。

はじめたばかりのため、副収入としてはまだまだとのことですが、限られた時間のなかで無理はせず、本業に支障をきたすことなく副業にチャレンジしています。

自らを思い立ったらすぐに行動したくなるタイプと話すまいこさん。副業で様々なジャンルのライティングを続け、実績を積み、思い立ったときにすぐに踏み出せる状況を作っておきたいそう。

副業ライターとして歩みはじめた、まいこさんに本業と副業についてお話を伺いました。

副業は副収入を得るため

本業は保険代理店の営業職で、窓口業務を担当しています。来店いただいたお客様に対して保険プランの見直しなどのコンサルティング業務をしています。新卒で入社した会社で、今年で2年目になります。

一日に対応するお客様は、平日では1~2組ほど。休日は3~4組ほどです。全国各地に事業所があり、従業員規模としては数千人になります。

わたしのいる事業所は全部で5名。内4名が営業職です。事業所によって忙しさはまちまちですが、アクセスのよい都心に位置しているので、そこそこ忙しい事業所だとは思います。

ーー副業は容認されていますか?

副業は入社時にNGと言われました。就業規則でも明確に禁止されています。そのため、自分が副業をしていることは上司はもちろん、同僚にも伝えてはいません。

同期とも副業の話はしませんね。みな業務で手一杯というのもありますし、たとえ容認されていたとしても本業が忙しいので、副業の時間を捻出しようとは思わないのだろうと思います。

ーー残業はありますか?

事業所にもよりますが、わたしのいるところは比較的多いほうだとは思います。

こちらも事業所によって変わってくる部分なのですが、仕事はシフト制で、休日は基本的に出勤日になります。平日お仕事をされているお客様が多いので、やはり休日の来客が多くなります。

土日はお休みではありませんが、月ごとに希望のシフトを申告できますし、融通も利くので困ってはいません。平日のほうが出かける際に空いていますし。

ーー副業はいつごろからはじめたんですか?

細かいところで言うと、学生時代からアンケートサイトなどで質問に答えるといった簡単なものはやっていました。本格的にランサーズを利用しはじめたのは2017年です。まだまだはじめたばかりで、今は主にアンケート回答や比較的簡単なライティングを請けています。

満員電車に乗らずにできる仕事がしたい

ーーなぜ本格的に副業をはじめようと思ったのでしょうか?

一番の目的は副収入を得ることで、終業後に無理のない範囲でやっています。

今は月に数万円の副収入ですが、本当はもっと力を入れてやっていきたい気持ちがあります。しかし、満員電車に揺られ帰宅すると疲れ果てていて、副業が手につかないという日もあり、なかなか思い通りにはいきませんね(笑)。

ーー一番の目的は副収入ということですが、他にも目的があるのでしょうか?

これは今すぐに、ということではないのですが、いずれ独立できればいいなと思っています。というのも、本当に満員電車が嫌いなんですね。

近くに引っ越せばいいのにと周りからも言われることはありますが、都心にある職場の近くに住むとなると……そう簡単でもありません。どうにか満員電車に乗らないで仕事ができる方法を考えた時に、通勤しなくても働ける状況を作れればいいんだ! と。

ーー副業をする際の工夫などはございますか?

工夫というほどではないかもしれませんが、半身浴をしながらPCやスマホで作業をしています。リビングなどでは気が散ってしまうのですが、半身浴をしながらだと集中できるので気に入っています。リフレッシュにもなっています。

ーー今後の活動について教えてください。

まずは副業として、様々なジャンルでのライティングを続けて、実績を積んでいきたいと思います。

文章を書くことが好きですし、自身の経験を言葉で表現することは得意なほうだと思っています。今はまだ、比較的文字数の少ないものや体験談などのお仕事が多いですが、今後は旅行系の記事なども書いていきたいです。

私は思い立ったらすぐ行動したいタイプなんです。なので、思い立ったときにすぐに踏み出せる状況を作っておきたい。そういった状況を実現できる働き方をしたいと思います。

RECOMMEND
関連記事