印象は外見で決まる!“一人で働く”フリーランスこそ気にするべき「男の美容」必須5ポイント

印象は外見で決まる!“一人で働く”フリーランスこそ気にするべき「男の美容」必須5ポイント
フリーランスとして一人で働く環境にいると「つい身だしなみは気にしなくなってしまう……」という男性もいらっしゃるかもしれません。でも、身だしなみに気を抜いていると、いざクライアントに会った時、知らぬ間に散々な第一印象を持たれてしまうかも。今回は面倒臭がりな男性でも実践できる「第一印象に差をつける5つの身だしなみポイント」をご紹介いたします。
LANCER SCORE
11

ビシッと決めたい男を支える、毎日の基礎ケア

フリーランスとして働いている、特にクリエイティブな業務を請け負っている方は、自分らしいファッション・ヘアスタイルにこだわっている方が多いかと思います。

一番身近で気軽にできるクリエイティブといえば、自分のビジュアルですからね。こだわりを持つことは大事です。

しかし、自分の外見の印象が他人からどう見えているか意識できていますか?

ノームコアなコーディネートでビジネスシーンに赴く方は少ないと思いますが、「スーツを着ていれば大丈夫でしょ」と油断している人は要注意。ヘアスタイルや指先など、ちょっとしたポイントのケアをしている人・していない人とでは、第一印象に差がついてしまいます。

初めて会うクライアントから「この人と仕事がしたい!」と思われるためにも、日頃からボディケアを怠らないよう心がけましょう。

でもいったい、どこから取り掛かればいいの? という方のために、まずはベースとなる顔、髪、手先の美容ケアについてご紹介します。

名実ともにアナタの顔! 絶対見られるフェイスケア

洗顔する男性

最近は男性向け基礎化粧品も増え、薬局でも普通に販売されています。しかし、化粧水や乳液を持ってはいるものの「正しい使い方を意識したことがない……」という方が多いようです。

一般的に、化粧水は3回程度に分けてつけた方が、肌に浸透し効果的だと言われています。一度に多くつけすぎると過乾燥などにより肌が痛み、乾燥して痛んだ肌が「老け顔」の要因となってしまいます。

また、化粧水の前のクレンジングも重要です。クレンジングって化粧を落とすやつでしょ? と思われるかもしれませんが、毛穴の汚れや余分な皮脂を落とすことで、化粧水の効果がより実感できまるのです。

より良い印象を与える、顔周りのムダ毛処理

ビジネスマン

顔に生える毛、というとまず思い浮かべるのはヒゲでしょう。ほとんどの人がヒゲを剃るか、形を整えるか、何らかの対処をしているかと思います。

ヒゲを抜く、というのは埋もれ毛や毛嚢炎など、肌トラブルを招くのでオススメしません。どうしてもヒゲを抜きたい人は、肌にダメージの少ない抜き方、抜いた後のケアを徹底しましょう。

そして、顔の印象を左右する毛といえば、眉毛です。眉毛は整えていない、という人は意外と多いのではないでしょうか。

眉毛の形や太さをきちんと整えるだけで好印象に繋がります。忙しい方は簡単にでも構いません、眉ハサミで長さを整え、シェーバーで不要な毛を剃るようにしましょう。

整えられた眉毛をしていると、デキる男っぽく見えますよね。ただし、あくまで不要な毛の処理ですから、細くし過ぎたり毛を切り過ぎたりしないように気を付けてください。

日常の日焼け対策でも差をつけよう

乳液

男性で日頃から日焼け止めをきちんと塗っている人は少ないかもしれません。後々のシミにもつながる日焼け、肌へのダメージは無視できるものではありません。

季節を問わず、紫外線対策を怠らないようにしましょう。また、日焼け止めのSPFやPAを知っている方は多いと思いますが、日焼け止めには大きく分けて2つの種類があることはご存知ですか?

実は日焼け止めには「紫外線を吸収するもの」と「紫外線を反射・散乱させるもの」の2種類があります。肌に良いのは後者の紫外線反射タイプで、前者の紫外線吸収タイプは紫外線を吸収する化学反応が肌の負担になると言われています。

しかし、反射タイプは塗りあとが白っぽくなりやすかったり、重く感じたり、少々使い方にクセがあるので、自分の使いやすいタイプの日焼け止めを塗るのが良いかもしれませんね。

打ち合わせの時に目に入る「手先」のケア

ビジネス資料

書類内容を説明する時、名刺を渡す時など、打ち合わせでは手先が目につくシーンは意外と多いものです。ナチュラルな部分だからこそ、ちょっとした手入れで清潔感が増し、印象がぐんっとアップします。

基本的なことですが、爪はこまめに切り、ネイルオイル等で爪も保湿しましょう。爪をやすりで整える時はゴシゴシと往復させず、一方方向にシャッシャッと削るようにしましょう。

そうすることで爪の断面が傷みにくく、二枚爪等のリスク回避にもつながります。もちろん手肌の保湿も非常に重要。手指のシワが目立つと、若々しさが激減です。ハンドクリームなどできちんとケアして、アクティブでさわやかな手元を演出しましょう。

印象を大きく左右するヘアケア

ブラシ

カッコイイ男性は、必ずと言っていいほどヘアスタイルもキマっているもの。そのヘアスタイルをキメるための土台となっているのが毛質です。

きちんと手入れされていれば特に気になることは少ないですが、ツヤ・コシのある毛質だと、これまた印象アップに繋がります。

最近、私が注目しているのはドライヤー。使うだけで髪や肌の分子を活性化させる、と謳うドライヤーもあり、私も利用中してみています。

これが意外なほどに毛質が改善するんですよ。ハリが出て毛先もまとまりやすくなりました。毛髪を支える頭皮のケアも重要。過度なブラッシングや間違ったマッサージは逆効果ですので、正しい洗髪と頭皮ケアを行ない、常に清潔な頭皮に保つようにしましょう。

デキる男として、新たな顧客創造へ

サラリーマン

前述の内容に反するようですが、普通に身なりを整えていれば、外見が問題となることは多くありません。しかし、身だしなみと共に第一印象もアップさせることで、より円滑なコミュニケーションが可能になります。

印象が良ければ、当然仕事の話も進みやすく、紹介ももらい易くなるでしょう。また、こちらの言動をポジティブに解釈してくれることも増えますから、仕事への影響は意外と大きいと言えますね。

人間関係に余裕ができると、仕事にもプライベートにも良い影響が出てきます。慣れるまでは面倒かもしれませんが、小さなことからこつこつと、第一印象からデキる男を目指しましょう。

RECOMMEND
関連記事