フリーのデザイナーになったら、健康保険はどうする?

フリーのデザイナーになったら、健康保険はどうする?
会社を辞め、もしくは起業しフリーのデザイナーとなった時、健康保険はどうすればいいのでしょうか? フリーのデザイナーは体が資本。会社員と異なり、病気やケガで休業した場合の保証がない自営業にとって、健康保険は大変有りがたい制度です。フリーのデザイナーになったら、健康保険の手続きは真っ先にやりましょう。
LANCER SCORE
0

健康保険に入らなかったら、大変なことに!?

フリーランスのデザイナー等、自営業者が健康保険に加入しなかった場合、どんな不具合があるのでしょうか? 健康保険に加入している場合、病院等でかかった治療費は3割負担が基本です(保険適用外の治療は除く)。

例えば、風邪で内科にかかり3,000円支払った時、それは全体の3割の請求額であり、残り7割の7,000円は健康保険から医療機関に支払われているのです。

「私はめったに病院に行かないし、10割負担で良いから健康保険には加入しない」という声が聞こえてきそうです。しかし、現在の日本の健康保険制度では「国民皆保険制度」であり日本国民である以上、何かしらの健康保険に加入が義務付けられています。

仕事を辞めてから健康保険の加入手続きをしていなかったとしても、加入の手続きをする未加入時期の分も遡って支払わないとならないのです。

もちろん、加入していなかった期間は保険を使えませんし、事故でのケガ、突然の入院等に備えるためにも、健康保険の加入手続きは早く済ませた方が得策です。

フリーのデザイナーなら、国民健康保険に加入?

フリーランスが加入する健康保険と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「国民健康保険」ですね。「国民健康保険」には運営母体が2種類あり、市区町村(自治体)が運営するものと国民健康保険組合が運営するものがあるのをご存知ですか?

まず市町村が(自治体)運営する国民健康保険の大きな特徴は、保険料が被保険者の収入により異なります。よって収入が多い人ほど高額の保険料を払うことになります。

また運営する市町村間による保険料の差があり、同じ年収でも住んでいる地域によって保険料が異なるので、隣の市に引っ越したら保険料が上がってびっくりしたとの声も。思わず保険料の安い市町村に引っ越したくなりますね。

国民健康保険組合の「国民健康保険」って?

もう一方の国民健康保険組合の「国民健康保険」は、大工や建築士などの建築土木業、薬剤師や医師、歯科医師などの同業に携わる人を組合員として運営されており、160を超える組合があります(2015年現在)。

フリーランスのデザイナーの場合は、「文芸美術国民健康保険組合」が該当組合となり、一定の基準を満たしていれば、加入することが可能です。

「文芸美術国民健康保険組合」の大きな特徴は、保険料が一律であること。収入が低いと「国民健康保険」よりも高い保険料となりますが、収入に関わらず一定の金額なので、収入が高い人ほど加入メリットが高いと言えるでしょう。

どちらに加入するか、保険料を基準に考えるのであれば、所得300万円を目安に、300万円を超えたら「文芸美術国民健康保険組合」への加入の検討をおすすめします。

「文芸美術国民健康保険組合」の加入条件って?

「文芸美術国民健康保険組合」は、文芸や美術、著作活動に従事しており、また組合加盟団体に加入している人と、その家族が加入することが出来ます。組合加盟団体に所属しているフリーデザイナーであれば、誰でも加入できます。

加入団体には、“東京グラフィックデザイナーズクラブ”や“日本グラフィックデザイナー協会”“日本広告写真家協会”、“日本イラストレーション協会”など64の加盟団体がありますので、自分の事業内容にあった団体に加入しましょう。

各団体にはそれぞれに加入条件があり、例えば“日本イラストレーション協会”は、加入出来る職業としてイラストレーターをはじめ、漫画家、WEBデザイナー、編集者などと指定されています。

加入申し込みの際に、確定申告書(直近のもの・控え)の提出が必要であり、その際に職業欄も確認されますので、イラストやWEBデザインの仕事をしていても該当となる職種を記入していないと加入を認められない場合もあるので、注意しましょう。

また、各団体のほとんどが加入に会費(入会金・年会費等)が必要ですので、その金額を払ってもお得になるかどうかも重要ですね。

年収によっては、扶養家族になるという選択肢も

フリーのデザイナーになっても、すぐに収入が見込めるとは限りません。収入が安定するまで、家族の扶養家族になるという選択肢もあり、そうすれば保険料の負担はなくなります。

扶養家族になれるかどうかの基準は、まず被保険者との続柄が三親等以内であること、そして、年収が130万円未満であり、なおかつ被保険者の年収の1/2未満であることです。

事業を始めたばかりの人、もしくは子育てや療養中等で仕事量をセーブしている人には、こちらの方がお得になるかもしれません。また被保険者である家族にも、扶養家族が増えることで所得税・住民税が安くなるメリットがあります。

フリーのデザイナーは、どれくらいの収入があるかによって、保険の選び方が変わってくることが分かりました。自分に合った健康保険はどれなのか? 自分の働き方や収入に合わせて、自分自身で選択することが必要ですね。

RECOMMEND
関連記事