世界中飛びまわる駐在員の妻! フリーランスこそ私にあった働き方です!

世界中飛びまわる駐在員の妻! フリーランスこそ私にあった働き方です!
突然、今の仕事を辞めて海外に移り住まなければならなくなったら、あなたはどうしますか? 国内メーカーに勤務していたキタガワ チカ さんは旦那さんの仕事の都合で、急遽、イギリスへ移り住むことに。次、いつ、どこの国に行くか分からない状況のなか、辿りついた働き方がフリーランスでした。立ち止まり、悩みながらひとつの答えを手に入れた駐在員妻の等身大の実録をご紹介します!
LANCER SCORE
30

夫の突然の海外転勤で無職になること2回

駐在員妻というと、「何の不自由もなく海外で暮らせて羨ましい」と思われるかもしれません。しかし、女子校育ちで「男に負けずにバリバリ働くぞ!」と意気込んでいた私は、突然将来のキャリアへのハシゴを外された気分でした。

日本ではメーカーで総合職として働き、ゆくゆくは自ら駐在員となって海外に出ることを夢見ていました。そんなある日、結婚を決めたばかりの夫の海外転勤が決定。かなり悩みましたが、新婚から別居することの是非を考え、付いていくことを決意しました。

最初の駐在先はイギリス。自力で海外経験を積むべく、現地の会社に応募。運良く雇っていただけました。仕事は楽しく充実した日々。しかし、そんな日々もつかの間、わずか8か月でオランダに移ることになったのです。この時のショックはかなり大きかったです。

オランダではなかなかやりたい仕事に巡り合えませんでした。おもしろそうだと思っても、オランダ語や他のヨーロッパ言語、加えて数年の実務経験が必須であり、自分の力のなさに落ち込みました。

フリーランスになったきっかけは、暇つぶしのため?

多くの外国人と1人の日本人女性

悶々としている時に出会ったのが、ランサーズをはじめとしたクラウドソーシングサービスです。初めて登録した時は、とりあえずの暇つぶしというような軽い気持ちでした。何もしないよりは良いかな、と。ランサーズではライターとして、別のサイトでは観光ガイドとして仕事を始めました。

ライターの仕事を選んだのは、仕事の場所を選ばないためです。あと何年オランダにいるかも、次の駐在先はどこかも、全くわからない中、どこに行っても続けられる仕事を持っておきたいと思いました。また、将来子どもに恵まれても続けられる仕事というのも大きなポイントでした。

観光ガイドの仕事を選んだのは、オランダに住んでいるということをポジティブに活かしたいと考えたからです。正直、引っ越しして数ヶ月間は、イギリスに帰りたいと思っていました。しかし同時に、このままオランダにネガティブなイメージを持ったままなのはもったいない、とも感じていたのです。

そこに、偶然ランサーズの仕事で、アムステルダムの観光記事執筆の依頼をいただきました。おかげでアムステルダムの各観光地にまつわる歴史や関係性に詳しくなり、スムーズにガイドの仕事を始めることができました。「オランダって意外とおもしろいかも!」と思えたことが一番大きな収穫だったかもしれません。とても運が良かったです。

毎日が観光気分! ガイドのお仕事

森をバックにした女性

ガイドの仕事は、仲介サイトを通じてお客様から直接メッセージをいただくことで始まります。そこから一緒に詳細を詰めていくイメージです。私のポリシーは、お客様のご要望に応じて完全オーダーメイドのプランを提供することです。個人ガイドとして雇っていただくからには、通常のツアーでは実現できないマニアックなご要望も叶えたいと思っています。

実は、これは私自身が仕事を楽しむ秘訣でもあります。お客様それぞれのご興味に合わせて調べていると、私自身は今まで見向きもしなかったオランダのおもしろさをどんどん知ることができます。

例えば、現代建築の分野は全く無知だったのですが、お客様と一緒に見て回ることでおもしろさに気づき、今では自ら提案するようになりました。もしご興味があれば「オランダ 現代建築」で検索してみてください。とっても不思議な形の建物がたくさん出てきますよ。

収入の面でも、今では観光ガイドの仕事を中心に、会社員時代と同じくらいの金額を得られるようになりました。月によってバラツキがあったり、数ヶ月先の予測ができなかったりするのが課題ですが、着実に増やせていることを実感できます。自分の力で稼げている実感があるというのは、嬉しいし楽しいですね。

今後の目標は、いつどこに行っても働ける基盤を作ること

柔軟な働き方を模索していきたいと思っています。どの国に行っても、子どもがいても、すっとその国に溶け込んで自分らしく働けるように、基盤作りをしていきたいです。

不思議なもので、フリーランスで仕事をしていると予期しない依頼が舞い込んでくることがあるんです。現在は、通訳・写真撮影・輸出入代行なども行なっています。なんでも屋さんですね。「オランダに関わることは何でもお任せください!」と言えるようになりたいです。

また、今は完全に一人で働いているので、ご希望日が重なってしまったり、急に日本に帰らなければならなくなったりした時に対応できない状況です。お客様のご要望に100%応えるためにも、刺激しあいながら一緒に成長していけるパートナーを見つけられたら良いなと思います。

与えられた環境で最大限楽しむ! そんな柔軟な働き方を目指していきます。

RECOMMEND
関連記事