個人事業を始める時は開業届を出す? 出さない?

個人事業を始める時は開業届を出す? 出さない?
個人事業を始める時、開業届を出すか迷うことってありますよね。開業届は、青色申告を受けることができるので大きな節税対策となります。また、個人事業名で銀行通帳を作ることも可能です。個人事業をするなら開業届を出しておくといいでしょう。
LANCER SCORE
5

個人事業で開業届を出すメリットとは?

個人事業と聞くと、自営業でお店を持っていたり、社長だったりということをイメージしますよね。しかし、実際は、個人事業とは会社を設立せずに事業を行なうことです。

自営業と一緒ということになりますが、会社を持たずになんらかの方法で所得を得ているのであれば「個人事業」をしているということです。開業届を出すメリットは、所得税を納める際に仕事で必要なものを購入した「経費」が認められるということです。

その分、所得は少なくなりますから支払う税金も少なくなります。

開業届って早く出した方がいいの?

開業届を出そうと思っているなら早く手続きした方がいいでしょう。なぜなら、開業届は開業してから1ヶ月以内に提出しなければならないためです。ただ、開業届自体は「開業しました」ということを宣言するだけですので絶対に出さなければいけない書類ではありません。

実際も、開業して利益が出るようになってから届けを出す人も多くいるようです。誤解している人のために説明しておくと、開業届を出していなくても所得税を支払う義務は発生するので注意しておいて下さいね。

開業届を出すメリットはずばり「節税」です。確定申告時に、控除額の多い青色申告を選べるようになります。青色申告は開業届を出していないと提出できない仕組みです。以前までは、記帳のやり方が白色の方が簡単と言われていましたが、法律が変わりどちらも記帳方法はほぼ同じです。

開業届を出した年から青色申請を受けれるかどうかは時期によって変わってきますが、来年度からは青色申告を受けると設定することは可能です。ある程度稼いでいる個人事業の方は早めに出しておいた方がいいでしょう。

開業届を出す前に屋号を決めておこう!

早速、開業届を出しに行こう! と思ったら行く前に考えておいてほしいことがあります。それは「屋号」です。実際は会社を立ち上げる訳ではありませんが、自分のお店の名前となるものを決めるのです。

開業届を出すには屋号を書く欄があるので、申請に行く前に決めておくといいでしょう。屋号を持てば「屋号+個人名義」で銀行通帳を作ることも可能です。これから、個人事業主として報酬を受け取る額が増える人や逆に支払いを行なう必要のある人は、持っておくと便利かもしれません。

基本的に屋号は何でもいいのですが、法人ではありませんので「会社」や「法人」という言葉を入れることはできません。それ以外であれば、自分の名前でも好きな言葉でも何でもつけることが可能です。

ただ、屋号には自分の事業を表している表現を入れておいた方が、屋号で何をしている人なのか判断できるので、工夫しながら考えてみるといいですよ。必要ないという人は屋号なしで開業届を出すことも可能です。

収入によっては開業届を出さなくてもいいの?

特にクラウドソージングなどで稼いでいる人や副業的に仕事をしている人は、収入自体が少ない時もありますよね。開業届を出さなければいけない収入のラインってあるのでしょうか?

実は、収入面で言えば開業届を出すか出さないかは本人の自由です。いくら収入が多くても出したくなければそれでもいいようですよ。ただ、注意しておきたいのは稼いでいる人ほど所得税の支払額が多くなるということです。

開業届を出していなくても、所得があれば税金を納める義務が発生します。その時に開業届を出していれば「青色申告」で控除を受けられるということです。

収入の少ない人は、稼ぐようになってからの申請でもいいかもしれませんが、すでに年収100万円を超えるような場合は開業届を出していた方がいいでしょう。

いつか会社を立ち上げようと思っているなら開業届をだしておこう

個人事業をする上で開業届を出すことは、青色申告で控除が受けられるだけではありません。(申請した月によっては、初年度は白色申告で来年度から青色申告という場合もあります)

個人事業を始める上で大事になってくるのが信用です。やはり、信用面で言えば開業届を出している方が安心です。また、女性でまだ小さい子供がいる場合は届け出を出してれば、保育園に預けられる確率も高くなります。

さらにいずれは法人や会社を立ち上げようと思っている人は、届出を出していた方がスムーズに進むようです。

個人事業主が開業届を出すメリットと注意点

RECOMMEND
関連記事