確定申告の帳簿のキホン 〜65万円の控除を受けてみよう〜

確定申告の帳簿のキホン 〜65万円の控除を受けてみよう〜
確定申告を行なうなら、最大65万円の控除を受けることのできる青色申告を狙う人も多いのではないでしょうか?青色申告するための帳簿作りは大変だと思われがちですが、実はポイントを抑えることで誰でも簡単に作ることができるのです。それでは、帳簿の付け方をご紹介しましょう。
LANCER SCORE
2

きちんとした帳簿で特典が受けられるのが青色申告の魅力!

確定申告で青色申告をする場合、帳簿は簡易簿記と複式簿記で付ける2つの方法があります。青色申告で65万円の控除を受けるためには、後者の複式簿記で記帳する必要があります。

確定申告は年間の収入額(個人事業主の場合、年収から必要経費を差し引いた所得額)から計算して課税額が決まります。

正規の複式簿記で記帳すれば65万円を経費計上として控除されるため、結果的に課税額を抑えることができます。では、65万円の控除を受け取るためには、どのように記帳すればよいのでしょうか?

複式簿記は原因と結果を明確にした記録方法

なんだかまだピンとこないという方もいるでしょう。複式簿記についてもう少し詳しく説明していきます。複式簿記では1つの取引で発生する「原因」と「結果」を2つの側面にわけて記録します。

借方勘定(左側)には簡単に言えば取引で何が手に入ったのか、貸方勘定(右側)には取引で何が出て行ったのかを記入します。例えば、現金150,000円でパソコンを購入したとします。

手に入ったパソコンは備品として借方に金額とともに記入、出て行った現金は貸方に金額とともに記入します。複式簿記の特徴は左右のトータルが同じ金額になることです。

取引が発生した時点の日付で計上しよう

確定申告をスムーズに行なう際の帳簿付けのポイントとしては、発生主義で記録をすることです。いつお金が入ったか、いつお金が出たかというタイミングで記録をするのが「現金主義」、いつ取引が確定したかという、取引が発生したタイミングの日付で計上するのが「発生主義」となります。

青色申告をするのならば、発生主義で帳簿付けすることがポイントです! 理由は、発生主義で記帳した場合、65万円の控除を受けることができないためです。その差は大きいですよね。65万円の控除を受けたいのであれば、必ず発生主義で記帳しましょう!

いくらの利益が出たのか把握するために | 損益計算書を作成

損益計算書とは自分が得た利益を正確に把握するために必要なものです。確定申告で提出する複式簿記では、一連の取引を記入した「貸借対照表」と利益を正確に把握できる「損益計算書」が必要になります。

損益計算書では右側に費用など関係なく、どれだけ収益があったのかを記入します。左側には、実際にかかった費用を記入し、右側の収益から費用を引いて出た差額を「純利益」として帳簿に付けます。

純利益がわかるだけでなく、経費がどれだけかかっており、どれだけの売上があったのかという運用状況を知ることもできます。

帳簿付けしただけでは青色申告はできない!

最後に、確定申告で青色申告をする際に大切なことをお伝えしておきます。せっかくきちんと帳簿をつけたとしても、そのまま確定申告をしても青色申告はできません!

青色申告ではあらかじめ、所得税の「青色申告承認申請書」を提出しておかなければならないからです。例えば、2015年分の所得を青色申告したい場合は2015年3月15日までに申請書を提出しなければならないのです。

もしくは、個人事業主として開業した(フリーランスになったなど)場合は開業日から2ヵ月以内に申請書を提出しなければなりません。なので、青色申告をしたい人は、前もって青色申告承認申請書を提出することを忘れないようにしましょう!

RECOMMEND
関連記事