フリーランスが最大限の扶養控除を受ける秘訣とは!

フリーランスが最大限の扶養控除を受ける秘訣とは!
フリーランスとしてこれから稼いでいこうと思ったものの、夫の扶養から外れ、扶養控除を受けられなくなるかも、そんな悩みを抱える方がたくさんいるようですが、実は扶養控除を最大限に維持し、稼ぐのは決して無理な話ではありませんよ。
LANCER SCORE
8

そもそも「扶養」ってなに?

そもそも扶養の意味をご存知ですか?「税金の扶養」と「社会保険の扶養」の2つに分類されますが、これはまったくの別の扱いで、扶養に入る条件が異なります。

税金(所得税)の扶養条件は、年間の合計所得金額が38万円以下で、扶養している配偶者の収入から一定額を控除されます。一方で社会保険(健康保険、年金)の扶養条件は健康保険の場合、一般的に年間収入130万円未満で、配偶者のみの保険料負担のみで当人の健康保険証が交付されます。

年金の場合は、年間収入130万円未満で第3号被保険者となり、保険料の負担がなくなるのです。

「サラリーマンの妻」のままでいることができる所得金額は?

パートやアルバイトなどの給与所得者の場合、給与所得控除で年収から最低65万円の控除があり、そのため38万+65万=103万円までは扶養の範囲となります。

フリーランスの場合には給与所得控除はありませんが、青色申告者の場合には青色申告特別控除で最大65万円が認められ、さらに経費も認められているため、38万+65万+経費αの金額内は、扶養の範囲です。

健康保険の扶養でチェックしておきたいことは、フリーランスの保険者によっては年間収入の計算に経費が認められるところもあれば、収入に関係なく扶養には入れない場合もあることです。しっかりと問い合わせをしてチェックしておきましょう!

扶養を外れる収入の目安は?

フリーランスであれば年収が安定しない時期もあります。ある年には130万円を超える収入であっても、いきなり社会保険の扶養からは外れません。安定して収入が130万円を超える場合に扶養を外れると良いようです。

ただし、健康保険に関しては、法令に規定が定められていないため、いきなり扶養から外される場合があるので、保険者と話し合う必要があります。

もし扶養を外れた場合には、国民健康保険に加入し、収入に応じた保険料を負担することになります。・国民年金第1号被保険者となり、月額15,250円を負担。(毎年度見直し) ・所得に応じた住民税を負担。 ・所得に応じた所得税を負担。

扶養を外れてフリーランスになるなら、いくら稼ぐとお得なの?

もし扶養範囲の年収を超えてしまった場合には、住民税と所得税が課税されます。そして扶養からフリーランスになるのであれば、国民健康保険加入手続き、国民年金加入手続きが必要です。

  • 年収100万円以下/住民税及び所得税不課税、配偶者の税金減額
  • 年収103万円以下/所得税不課税、配偶者の税金減額
  • 年収130万円越え/健康保険及び国民年金の負担
  • 年収141万円未満/段階的課税(配偶者特別控除)
  • 年収141万円越え/配偶者控除及び配偶者特別控除の適用なし

扶養の範囲を超えてしまう場合の損益分岐点は、おおよそ年収160万円と言われます。つまり、年収が130万円を超える場合、税金や社会保険料の支払いが必要となります。そのため、年収160万円以上を稼がなければ、年収130万円以下の場合よりも得られる金額が減ってしまうのです。ちょっと損した気分になりますよね。

「扶養」の分かりづらさが、フリーランスになることを躊躇させる

「扶養の範囲は38万円まで」「103万円の壁」「130万円の壁」などなど、税金や社会保険料の扶養に関する話が混在し、複雑に感じてしまうことがあるかもしれません。

インターネットで調べると、Yahoo!知恵袋ではフリーランスの「扶養から外されるかもしれない」という悩みがたくさんヒットし、会社員からフリーランスになると収入が減るのでは?と感じてしまう人も多いようです。でも基本的な知識はそれほど難しくないので、インターネットや本で簡単に理解ができますので、とくに心配しなくてもいいでしょう。

最も重要なのことは、個別に確認が必要となる社会保険の扶養に関することで、これらはネットや本だけでは分かりにくいかと思います。悩まずに保険者に問い合わせをするなどしたほうが効率的です。

とくにフリーランスの場合は、月々・年度の収入にバラツキがあるため、扶養から外されるリスクがあるのか?をあらかじめ問い合わせしておけば、収入を前もって調整できます。年収100万円までであれば、最大限の扶養控除を受けることができるので、この範囲を意識しながらフリーランスとして稼いでいきましょう!

RECOMMEND
関連記事