たまには気分転換!風呂Workをやってみよう

たまには気分転換!風呂Workをやってみよう
フリーランスとして働いていると、まず「働く場所」を考えることになります。自宅で働くのか、それともカフェなどを拠点とするのか。。しかし毎日同じように仕事していると、「たまには気分転換したいな」なんて思うのではないではないでしょうか。そんなとき、是非ともオススメしたいのが『風呂Work』です。
LANCER SCORE
28

お風呂で働く風呂Workのススメ

私は月数回、『風呂Work』を実践しています。これは読んで字のごとく「風呂で仕事する」というもの。ワークスペースとなるのは、スーパー銭湯などの風呂施設です。

私はランニングが趣味なので、いつも数km離れた場所までパソコンを背負って走り、そのまま夕方まで仕事して電車で帰っています。

風呂Workのメリット

コワーキングスペースやカフェなど、自宅以外で仕事をできる場所は数々あります。では、なぜ風呂なのか。普通に考えれば、仕事とはかけ離れた娯楽施設に思われるかもしれません。しかし実体験から、私は次のようなメリットを感じています。

  • いつもと違う特別感がやる気をアップさせてくれる
  • 風呂に入ることで心身ともリフレッシュできる
  • 気兼ねなく長居できる(長期滞在を前提とした施設)
  • 周囲に誘惑が少ない(あるのは風呂とつけっぱなしのテレビくらい)
  • 1,000円未満のリーズナブルな施設が多い
  • 子連れでも楽しみながら仕事ができる など

脱衣所には鍵付きロッカーがありますし、施設によっては昼寝できるスペースも。トイレや飲食まで揃っているんです。1人暮らしのフリーランスにとっては、「広い風呂に、ゆっくり足を伸ばして入る」だけでメリットとなるのではないでしょうか。

さらによく探してみると、実は天然温泉に入れる施設が多いことに驚きます。温泉にはさまざまな効能がありますので、健康第一なフリーランスにとって嬉しいメリットです。

難点としては、多くの施設で「Wi-Fi」「電源」が提供されていないことでしょうか。しかし、持ち込む仕事を選んでおけば、さほど苦に感じることはありません。最近のノートパソコンは稼働時間も長いですし、ネット接続がどうしても必要ならテザリングでまかなえます。

おすすめの入り方

風呂で仕事をしよう
ここで1つ、風呂Workを行う際におすすめの入り方をご紹介しておきます。もちろん風呂にどう入ろうと個人の自由ですが、「仕事する」という観点では参考になるはずです。

  • まず身体を洗って軽く風呂に入る
  • 飲み物を用意して仕事スタート
  • ランチしながら休憩
  • 休憩スペースでちょっと一休み
  • 仕事を再開
  • ゆっくりじっくり風呂を堪能する
  • 仕事が終わっていれば一杯飲んで帰る

走ったり自転車に乗ったり、あるいは散歩したり。風呂を目的地にして運動するのも、個人的には健康面から非常におすすめです。ただし、いきなりゆっくり風呂に入ると、身体が温まり過ぎて眠くなってしまいます。

最初は「サッパリする」程度に留め、気持よく仕事をスタートさせましょう。最後にビールでも飲んで帰ると、プチ旅行のようにいつもと違った贅沢な時間を味わえます。

風呂Workでの注意点

風呂で仕事
これはカフェも同じですが、風呂施設は純粋なワークスペースではありません。周囲にはさまざまなお客さんがおり、各々が自由にゆっくりと時間を過ごしています。そのため、風呂Workでは周囲への配慮が大切です。

まず仕事する際に、テーブルを広く占拠することは控えましょう。特に12〜13時頃のお昼時、そして夕方17時頃以降はお客さんが増えてきます。場合により相席となることもあるはずです。

私は風呂Workする際、17時以降は仕事を終えるようにしています。何もなければ風呂に入ってビールを飲みますし、仕事が残っていれば帰る。心地よい環境だからこそ、自分だけでなく多くの人々が楽しめるよう気を配って頂ければと思います。

まずは一度、自分へのご褒美として『風呂Work Day』を設けてみてはいかがでしょうか?その際は、むしろ仕事をおまけにして良いかもしれません。そういう特別な時間が、働くことへの活力に繋がってくるはずです。

RECOMMEND
関連記事