Web制作をフリーランスで手がけるなら、抑えておきたい基礎の基礎。

Web制作をフリーランスで手がけるなら、抑えておきたい基礎の基礎。
フリーランスでWeb制作を始めました!と叫んでも、向こうから仕事はきません。自分の個性、スキルを十分に表現し、いろんな形で伝えることが欠かせません。Web制作を請け負うフリーランスにとって、抑えておきたい基本的な情報をお届けします。
LANCER SCORE
2

Web制作事情の変化

今やWeb制作の現場は、仕事が細分化、高度化しています。プログラミング言語を駆使しするエンジニアや、グラフィックなどのスキルに高い評価を受けているデザイナー。両者をまとめるディレクターやプロデューサー。しかし、駆け出しのフリーランスのWeb制作者には、仕事が回ってくることはありません。

また、Web制作の仕事が今後は減っていく、との予想があります。例えば、これまでレストランなどが自店でHPを制作し顧客への情報発信をしていました。

しかし、現在顧客はは食べろぐやぐるなびなどのポータルサイトを見ることが主流となっており、レストランなどがWebページを制作する必要性が減ってきているとの指摘があります。

だからこそ、Webページの創造性、オリジナリティを高めることがフリーランスには必要とされます。それには、ポートフォリオを充実させることが一番です。

フリーランスの勝負はポートフォリオの出来栄え

IT関連のパーティー、異業種交流会、仕事先の新たな紹介など。フリーランスのweb制作者にとって、新しいクライアントは何としても獲得したいもの。

名刺交換をして相手が興味を持ってくれても、その判断基準はポートフォリオなのです。いわゆる仕事の履歴は、フリーランスの名刺代わりとも言えるもの。まだ、仕事が少なく、実績として残せるものがなかった場合、自分の作りたいものをポートフォリオとして載せましょう。

名刺デザイン、企画書案、DMデザインなど。自分の仕事を第三者相手に見てもらうためです。自分の名刺にポートフォリオのアドレスを記して、声をかけた人に配ります。まず、自分の仕事を評価してもらうことが、フリーランスのスタートです。

ポートフォリオを見てもらうために

自分の自信作を並べて、高品質のWebポートフォリオができた、と自己満足していてはだめです。名刺を配っても相手が見てもらうとは限りません。

一応、SEO対策もしたとはいっても、万全とはかぎりません。さらに積極的にポートフォリオを見てもらうための対策をしましょう。スマートなブログやWebマガジンを作るのがひとつの案です。

その内容は自分の得意なこと、例えば趣味についての話題を展開し、スタイリッシュなページで飾ります。そうした趣味の世界から人が集まり、デザインに興味を持ってもらいます。もちろん、自分のデザインに関して、考えていること、やりたいことを綴ってもいいでしょう。

さらに、TwitterやFacebookは有効に活用します。新しいデザインをTwitterで発信していると、コンテンツに興味を持ったフォロワーが一気にあつまることがあります。

フリーランスによるWeb制作は無くなる!?

ショッキングな内容の記事が掲載されています。デジタル全盛時代に、フリーランスのWeb制作が必要なくなるとはどういうことか。ブランドン K.ヒル氏がレポートしています。

http://blog.btrax.com/jp/2015/02/22/freelance-web-designers/

要するに、Webの企業における重要性がこれまで以上に高まり、Web制作を外注ではなく自社の社員としてマーケティング業務をまかなう必要性が出ていること。

コーディングなどのエンジニア技術も以前は専門性が必要でしたが、今では大学や専門学校でも学べるレベルになったこと。さらに重要なのが、ネットの普及が進むにつれてスマートフォンがPC以上に使われています。スマホで情報を得るには、ニュースやレストランのポータルサイト、まとめサイトを見れば、十分。

そのため、個々のショップのWebページの必要性が無くなっていることです。つまり、Web制作の仕事が減っていくと予測されているのです。

よりクリエイティブを求められるフリーランス

数年前の新しい出来事が、すぐに遠い昔のことのように語られるwebの世界。まさしく近い過去から現在、そして未来への大きな変革の中に我々がいます。

その中で言えるのは、常に最新の情報を得ること。Web制作にとって、Webの媒体やデバイスの変化に常に敏感であり、それに応じたデザインワークが求められます。つきつめれば、webの基本はもちろん、webに関して最先端の需要に応えるスキルを身につけ続けることが必要です。

そのためにフリーランスWeb制作者がしなければならないことがあります。先のテーマに矛盾するようですが、近所のレストランでもショップでも、飛び込みで行って、Web制作の仕事を一つでも多く取ってくることです。何よりスキルは経験を積むことで向上します。

小さなレストランのWeb制作には、予算の関係から自分でコーディング技術に関してもフォローする必要があるでしょう。そうすることで、最新のコーディングにも触れることができます。

ひとつでも多く仕事をこなし、次代のクリエイティブに関する情報を知って対応していくことが、これからのWeb制作の条件になるでしょう。

RECOMMEND
関連記事