クラウドソーシングでアプリ開発の副業をする際の3つのステップ

クラウドソーシングでアプリ開発の副業をする際の3つのステップ
アプリ開発ニーズの高まりを受け、週末に副業をするアプリエンジニアの方や、自身のスキルアップのために副業をするエンジニアの方が増えてきています。 自分で案件を探してくるのは容易ではないですが、クラウドソーシングを活用すれば、企業が依頼をしている仕事に直接提案することが可能です。 実際に受注をするにはいくつかのポイントがありますので、今回はクラウドソーシングを活用してアプリ開発の副業をするために必要なステップを解説していきます。
LANCER SCORE
2

ポートフォリオとなる実績を掲載する

まずは、あなたのポートフォリオとなる実績を、クラウドソーシングサイトのプロフィールページに掲載しましょう。クライアントは、複数の提案の中から実際に発注をする相手を選ぶ際、スキルを元に判断することが多いため、クライアントがスキルを判断しやすいような分かりやすいポートフォリオが重要と言えます。

提案を行う際にも「自分はこのようなスキルがある」と文章で記載するのと合わせて、実際の制作物があれば、クライアントへの説得力が高まります。

ポートフォリオの他にも、プロフィール写真を設定する、今までの経歴やスキルをプロフィールページでアピールするなどのプロフィール完成度を高めることで、受注率を高めることができます。

カテゴリから案件を探し、提案する

ポートフォリオやプロフィール入力が完了した後は、クラウドソーシングサイト上で依頼されている仕事から、自分のスキルに合った仕事を探しましょう。クラウドソーシング「ランサーズ」では、以下7つのアプリ開発カテゴリがあります。

スマートフォンアプリ関連

・iPhone・iPadアプリ
・iPhoneゲーム
・Androidアプリ
・Androidゲーム

Web・OSアプリ関連

・Facebookアプリ
・Windowsアプリケーション
・Macアプリケーション

仕事によって、スキルやクライアントの求めているものが異なるため、依頼詳細ページにある依頼の目的・背景なども細かく確認し、自分に合った依頼を探していきましょう。自分にあった依頼を見つけたら、依頼詳細ページにある「提案する」ボタンから提案フォームへ遷移し、提案内容を入力してください。

仕事を進めて、納品する

実際に提案が選ばれ受注となったら、クライアントとメッセージ機能を通じて詳細を詰めながら仕事を進めましょう。非対面で仕事が完結することの多いクラウドソーシングだからこそ、細かなコミュニケーションは重要です。アプリの開発が完了した後は、クライアントが確認して、支払確定を行うと報酬を得ることができます。

以上のように、クラウドソーシングを活用することで、アプリ開発の依頼を受注することが可能となります。アプリ開発の副業をお考えの方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

【その他の副業記事はこちらからご覧ください】

正社員の副業、48.1%の企業が容認!? 【働き方新時代の実態調査】

サラリーマンの副業。注意すべき点とは?

副業者の人口・職種・年収・労働時間が丸裸|フリーランス実態調査2017

在宅ワークメインのデータ入力業務でどれだけ収入が得られるのかやってみた

RECOMMEND
関連記事