在宅Webデザイナーがクラウドソーシングを活用するメリット

在宅Webデザイナーがクラウドソーシングを活用するメリット
近年、在宅でWebデザイナーとして働く方が増えてきています。PC環境さえあれば、どこでも仕事ができるため、自分の好きな時間に好きな仕事をできるというメリットがある反面、営業活動をして仕事をとってくる、納品から支払までの管理を自分でする必要がある、などのデメリットも存在します。しかし、クラウドソーシングを活用すれば、そのデメリットを解消することができます。今回は在宅Webデザイナーがクラウドソーシングを活用するメリットをご紹介します。
LANCER SCORE
2

多様なデザインの仕事が常時依頼されている

一括りにWebデザイナーといえど、Webサイトのデザインを得意とする方や、PHPやWordPrsssを使ってエンジニアよりの案件を得意とする方、Webデザインだけにこだわらず、ロゴやチラシなどのデザインまでできる方など、様々なスキルを持ったデザイナーの方がいるかと思います。
クラウドソーシングサイト上には、様々な企業から、多様な案件が常時依頼されているため、自分のスキルや趣向にあった仕事を選んで、受注することができます。
また、スキルアップのために、デザインだけでなく、コーディングの仕事を受注するなどの選択肢があることも、クラウドソーシングのメリットと言えます。

 

受注実績や評価が可視化されている

クラウドソーシングサイトでは、受注実績や仕事を完了したクライアントからの評価が可視化されているので、クラウドソーシング内で活躍すればするほど、その他のクライアントにも見える形で評価が高まっていきます。

 

評価が高ければ、直接指名で仕事を依頼されることが増えるため、こちらから営業活動をしなくとも、安定して仕事を得ることができるようになり、在宅でも十分な金額を稼ぐことができます。

 

入金に関わる取引システムが整備されている

在宅でWebデザインの仕事をする際、心配ごととしてよく聞かれるのが、「仕事をしたのにお金を払ってもらえない」といったお金に関する部分です。多くのクラウドソーシングサイトでは、「エスクローサービス」という仮払い方式を採用しているため、入金に関するトラブルを防止し、デザインの仕事に集中することが可能です。

 

「エスクローサービス」とは、発注者から、仕事の報酬を仕事を行う前に、クラウドソーシングサービスが一時的に預かり、仕事が完了した段階で、作業者の方へ報酬が支払われる仕組みです。

 

 

このようにクラウドソーシングを活用することで、在宅にいながらWebデザインの仕事を安心して受注することができます。在宅でWebデザインの仕事をするなら、ぜひクラウドソーシングを活用してみてはいかがでしょうか。

RECOMMEND
関連記事