受注率がアップするプロフィールの書き方 | クラウドソーシング「ランサーズ」

サイトマップ
For 発注者

仕事獲得のための第一歩

プロフィールで受注率UP!

プロフィール情報は多くのクライアントから重要視されています。
過去の受注データを分析した結果、プロフィールが充実しているほど、受注率が高いことが分かっています。
まずはこのページで、プロフィールの上手な書き方を見てみましょう。

顔写真を載せて信頼感UP

顔写真は人の目を最も引くだけでなく、クライアントに信頼してもらいやすくなります。
例えば「ランサーをさがす」ページでの見え方が、こんなに変わります。

顔写真があると、信頼される、目立つ プロフィールを入力する

相手に伝わる自己紹介

自己紹介文でアピールできれば、高い評価を得やすくなります。
下記の例を参考に、作成してみましょう。

手軽な経歴で、人物像を想起しやすく

※ 伝える必要のないこと、ネガティブなこと、誤字脱字などは書かないようにしましょう。

プロフィールを入力する

スキルセットで能力をアピール

あなたがどんな能力を持っているかをクライアントに伝えることができます。
しっかりアピールして、自分に合った仕事を得ましょう。
スキルセットはプロフィールページの上部に表示されますので、早めに入力しましょう。

  • システム開発
  • Web制作
  • デザイン
  • ライティング・ネーミング
  • タスク・作業
  • 翻訳
  • マルチメディア
  • ビジネス・専門・その他
  • システム開発の書き方例
  • Web制作の書き方例
  • デザインの書き方例
  • ライティング・ネーミングの書き方例
  • タスク・作業の書き方例
  • 翻訳の書き方例
  • マルチメディアの書き方例
  • ビジネス・専門・その他の書き方例
スキルセットを入力する(PC版)

カンタンな認証で信頼アップ

本人確認や電話認証など、4つの認証申請を済ませましょう。
認証済みになると、例えば「ランサーをさがす」ページでの見え方が、こんなに変わります。

認証が済んでいると、信頼される 各種認証を申請する(PC版)

ポートフォリオで実際の作品をアピール

文章やスキルでは伝えきれない実績は、ポートフォリオに登録してアピールしましょう。
動画作品も、YouTubeなどの外部リンクのURLを記載できます。
システム開発やライティングなど、画像の用意が難しい職種でも、
関連するキャプチャ画像や、タイトルや説明文で、詳細な実績を紹介することができます。

※ 特にテキストが盗用される恐れがある場合、内容がわかる程度の画像キャプチャを、画像として掲載することができます。

ポートフォリオは多めに登録、しっかり説明 閲覧制限機能で公開範囲を指定できる

※ 著作権の取り扱いには十分ご注意ください。フォルダ機能を利用すれば、閲覧できる相手を制限することも可能です。

※ ランサーズ以外での成果物も載せることができます。

ポートフォリオを作成する(PC版)