プロジェクト方式でのキャンセルのペナルティを強化して欲しい

その他の相談 回答受付中 回答数:5 閲覧数:292 お気に入りの相談に追加
ログインすると「お気に入りの相談」リストに追加できます。
「お気に入りの相談」に回答やコメントがあると、お知らせ通知が届きます。

伝交線路主任 (CTeleE)  

ログインすると、伝交線路主任 (CTeleE)さんに「ありがとう」を伝えられます。
サーバー・ネットワーク構築の仕事カテゴリでNW主体の案件について時々提案を行っております。

プロジェクト方式の案件に時々提案をするのですが、予算範囲で提案をしても受注者もなくキャンセルされる事が多いです。

NW案件はどの箱をどう使うかの概要設計・基本設計がキモです。当然受注側はある程度具体性のある内容を書かないと選定して貰えません。
こう、キャンセル率が高いと無料掲示板感覚のプロジェクトでナレッジだけ集めて、後は勝手に進んでいるような案件が多いのでは?と懸念しています。

現状、プロジェクト方式のキャンセルは一律無料となっていますが、カテゴリによってはキャンセル費用を取って頂くなどして、案件品質の向上を図って貰えないかと思います。

私のスキル不足なだけかもしれないと思い、ご意見頂きたくこちらで提起させていただきます。
投稿日時:2022年11月16日 13:02:11

回答者コメント

同意です
ログインすると、株式会社進角 (shinkaku)さんに「ありがとう」を伝えられます。
投稿日時:2022年11月16日 13:13:23

回答者コメント

仰っている事には共感できます。キャンセルを重ねる人には新規の提案ができなくなるというペナルティが発生する場合もあるようです。

ただ、それを改善するには地道に要望として意見を送るしかありません。
この相談室はご自身の意見を表明することを目的とした内容、議論喚起を目的として議題を掲げる内容が禁止になっています。(相談室ガイドライン参照)
ですので、キャンセルが一部有料になるべきだという議論については回答を控えますが、残念ながら現状のシステムでは受注者自身が自衛する方法を各自で考え、提案するしかありません。

ランサーズが掲げる安心・安全がより進むとよいですね。

ログインすると、坂崎良一郎 (jow11ahoik)さんに「ありがとう」を伝えられます。
投稿日時:2022年11月16日 14:39:45

伝交線路主任 (CTeleE)  

ログインすると、伝交線路主任 (CTeleE)さんに「ありがとう」を伝えられます。

投稿者コメント

ご指摘ありがとうございます。

この相談室はご自身の意見を表明することを目的とした内容、議論喚起を目的として議題を掲げる内容が禁止になっています。(相談室ガイドライン参照)

ご指摘の通り記載ありますね。ただ、私の理解では、趣旨にそぐわない投稿の枠内での意見表明の禁止(政治活動とか)と読めます。

折角ですので、禁止されている意見・議論の範囲をランサーズに確認してみようと思います。
投稿日時:2022年11月16日 19:00:11

伝交線路主任 (CTeleE)  

ログインすると、伝交線路主任 (CTeleE)さんに「ありがとう」を伝えられます。

投稿者コメント

相談先が見つけられず。

ペナルティ対象の投稿の場合は削除措置が取られるようですので、とりあえず削除されていない間はもう少しご意見集めたいと思います。

発注者側から見て、「そんな程度知ってる。お前達の提案の水準が低いのが悪い」といったご意見とかもあるかと思いますので、広くお伺いしていきたいです。
投稿日時:2022年11月16日 19:12:47

回答者コメント

キャンセルにはいろんな理由があるので、何度も同じ内容のキャンセルを繰り返すクライアントでなければ許されるとは思います。

会社勤務していても、無駄になった営業(取れない)はたくさんあります。違うのは給料になるかならないか。フリーランスは1人会社のようなものですから、キャンセル含めて採択されなかった場合は営業の一環として考えるしかないかなと私は思っています。もちろん提案を盗まれるようなことがないように、どこまで提案するかはよく考える必要はあります。

ランサーはじめて3,4年間は、営業に莫大な時間がかかりました。赤字というか採算で考えると自分の時給が低くなっているということです。でも、そこで頑張ったからこそ、その後は直接依頼が少しずつ増えてきましたね。

多数提案してはキャンセル含めてダメだったことは、お金にはなりませんでしたが、自分の提案能力を高めるという意味ではとても勉強になったとも思っています。今に生きています。

何かの参考になれば。







ログインすると、青野ともみ@ネーミングライター (study21)さんに「ありがとう」を伝えられます。
投稿日時:2022年11月19日 11:42:20

伝交線路主任 (CTeleE)  

ログインすると、伝交線路主任 (CTeleE)さんに「ありがとう」を伝えられます。

投稿者コメント

青野様

ご助言ありがとうございます。軌道に乗るまで3、4年ですか。ちょっと気が遠くなるレベルですね。
そのコストを受け入れても、インフラエンジニア観点では、提案コストの割合が会社に属しているときよりも高く単金も安い、挙げ句受注率も低い。
ごく一部、ビジネス化に成功している方はいらっしゃるかとは思いますが、殆どは趣味の範囲でしかインフラエンジニアはお呼びでないってことなのでしょうね。
インフラは規模の経済なので仕方ない事なのかもしれませんが。

小規模な企業といえども、IT技術の波に乗っていかねばならない企業はあり、中にはクラウド、セキュリティといった、何でも総務さん達では賄いきれない領域もあります。
その辺りをお手伝いしながら、新たな気付きを得たいと思ってきましたが、中々難しいですね。
投稿日時:2022年11月19日 14:22:22

回答者コメント

軌道に乗るまで3、4年って長いですか?私は短いなと思いましたが・・。

本気でフリーランス仕事して生活していくおつもりであれば、アドバイスとしては、
①あるだけ全てクラウドソーシングに加入して、全部徹底的営業作戦。→今売れているランサーでも3つくらい加入していた(いる)人多いです。私は整理しました。
②自分のサイト作成+SNS宣伝。→仕事くるまでは毎日徹底してやる。
③20年やってきたお仕事でしたら、自分の関係してきた顧客などに電話営業ですね。もちろん元勤務先のじゃまをしたらいけませんが・・
④小さい会社に電話(メール)かけまくり作戦

やれることはいくらでもありそうです。



ログインすると、青野ともみ@ネーミングライター (study21)さんに「ありがとう」を伝えられます。
投稿日時:2022年11月19日 14:50:26

伝交線路主任 (CTeleE)  

ログインすると、伝交線路主任 (CTeleE)さんに「ありがとう」を伝えられます。

投稿者コメント

青野様

可能であればフリーランスもありかとは考えましたが、私の業界は既述のように規模の経済のため、会社規模と求められるスキルと報酬がある程度比例する業界となるため、フリーランスを主軸とすることはすぐ諦めました。
例えば総額数億のルータの納入業者が下請法対象企業では、クライアント側もリスクが大きすぎます。当然、過去のクライアントでビジネスに繋がりそうな相手方はほぼありません。
そんな訳で、折角アドバイスを頂戴しましたが、青野様の業界と勝手が異なるということはご了解下さい。

他のサーバー・ネットワーク構築カテゴリのランサーの皆さんも、自身の平時の業務とは勝手が違うことはある程度受け入れて応募はしていると思いますが、あまりにフリーライダーが多いと感じられ、カテゴリ毎に対応を細分化して欲しいというのが今回の問題提起となります。
投稿日時:2022年11月19日 15:28:13

回答者コメント

業界のこともあまり知らずにコメント失礼しました。
となりますと、会社勤務+副業の形で勤務されていらっしゃったのですね。
それでしたら、無理せず、営業(提案)時間は1日20~30分までなど制限をかけてランサーズを利用されるのが良いかと思います。
ログインすると、青野ともみ@ネーミングライター (study21)さんに「ありがとう」を伝えられます。
投稿日時:2022年11月19日 15:41:48

伝交線路主任 (CTeleE)  

ログインすると、伝交線路主任 (CTeleE)さんに「ありがとう」を伝えられます。

投稿者コメント

青野様

業界は異なりますが、営業の重要さと、具体的な手法例は大変参考になりました。ありがとうございました。
ご助言の通りで、基本的には閑散期と土日中心のランサーとなっております。
いつも触っているシステムとは全く異なるシステムに触れることで、新たな気付きを得られることもある為、副業としては続けていこうと思っています。

引き続きランサーの皆さん、発注者の皆さんの意見、お待ちしております。
特に、SV・NWカテゴリで予算内に収まった提案でも、気軽なキャンセルは必要という発注者様側の意見、体験談もお伺いしたいです。
投稿日時:2022年11月19日 16:06:53

関連する相談

  • クライアントから『納品したファイルを取り下げるように』という内容証明が届きました

    ある日突然、クライアントから『納品したファイルを取り下げるように』という要求が内容証明郵便で届きました。 こんな場合、あなたが私の立場ならどうしますか? ――プロジェクト方式で仕事をされたことのある方なら当然、ご存知でしょうが、既に開始されたプロジェクトは、クライアント側からのキャンセルはできません。 但し、ランサーがきちんと業務を遂行しなかった場合に限り、双方の話し合いの上、キャンセルが認められています。 しかし、このクライアントは私が納品したファイルを一切読まずに、一方的にキャンセルを強要してきたのです。 何故こんな事になったかは、いずれお話しますが、まず最初にこの脅迫めいた文書が届いた時、自分の頭に浮かんだのは、「どうやって私の住所氏名を入手したのだろう?」という事です。 このクライアントには、連絡用のメールアドレスしか伝えていないからです。 しかし後に、ランサーズがクライアントに雇われた弁護士からの開示請求を受け、私の個人情報を提供したという事実が判明したのです。 その瞬間、私は恐怖と怒りで体が震えました。 何故なら、私は以前よりランサーズのサポートに、「このクライアントは何をするか分からないので、絶対に私の個人情報だけは教えないでください」とお願いしていましたし、サポートのI氏もその要請を承諾していたからです。 そんな事情があったにも関わらず、私に一言の報告もなく、個人情報を提供したのですから、驚かない方がおかしいでしょう。 勿論、クライアントが誰もが知るような有名企業であれば、個人情報を伝えても何の問題もないでしょう。 そもそも普通の企業倫理がある会社なら、ランサーズのルールを全く無視した要求などはしないでしょうし、トラブルが起きた場合でも平和的に話し合いで解決しようとする筈です。 しかしこのクライアントは、私との話し合いを一切拒否し、私に対して個人情報を明らかにする事を繰り返し要求してくるのです。 一体、何の目的があって執拗に個人情報を知りたがるのか? おそらく、そのクライアントにとっては、「私の個人情報を入手する」という事でこの問題を決着しようとと考えたのでしょう。 相手の個人情報を入手することでトラブルを解決する手段とは何なのでしょう? 恫喝? 嫌がらせ?……私が思いつく答えはそれくらいでした。 だからランサーズ事務局に対して、機密の厳守をお願いしていたのです。 しかし、その約束はあっさりと破られました。 その結果、私が心配していた通り、このクライアントは弁護士を使って、私の住所氏名を開示させるや否や、本来はルール違反である、「クライアント側からのキャンセル」に無条件で従うことを強要する文書を送りつけてきたのです。 (ちなみにその内容証明の主張も、現実とはまるで異なる虚偽のものですので、後日検証します) これを読んでいる方は皆、ランサーズが信頼できる会社だと判断したからこそ、自分の個人情報を委ね、会員登録した人たちです。 したがって、 ●ランサーズは会員の個人情報をどのように管理しているのか? ●守秘義務はきちんと守られているのか? ●トラブルが起きた時に、事務局はどんな対応をするのか? ●明らかなルール違反者の要請を受け、ルールを守って仕事をしている会員の個人情報を漏えいさせた理由は何なのか? ●ランサーズのスタッフは、個人的判断で会員の登録情報を第三者に開示する権限を与えられているのか? ……これらの全てを知る権利がある筈です。 長くなるでしょうが、どうか最後まで注目し、私が全てを報告し終えることを支持して頂くようお願いいたします。 最後まで報告した上で、私が正しいのか、クライアントが正しいのかの判断を頂きたいと思いますが、私に対する質問や御意見はいつでも歓迎いたします。

    2015年05月30日 受注者(ランサー)の相談 回答受付中 66
  • 安すぎませんか?

    システム開発で提案しようといろいろ見ているのですが、クライアントが無知なのか安すぎませんか? それでも請け負うランサーがいるからこんなに価格崩壊しているのでしょうか。

    2015年02月04日 受注者(ランサー)の相談 回答受付中 36
  • 報酬額のランキング

    以前、報酬額のランキングが年代別などで見ることができましたが、現在でもそのようなものがあるのでしょうか。

  • まだ支払いを受けていないのに返金を要求してくるクライアント

    ランサーの皆さま、今日もお疲れ様でございます。 もしタイトルのような法人クライアントがいたとして、皆さまならどうされますか? クライアントの「担当者」から納品物にOKをもらってから 完了報告した後で「責任者」があれこれ言い出す状況です。 報酬金額は少額訴訟の範囲程度とお考え下さい。 報酬はエスクローされたまま宙に浮いています。 これを返金しろと言われたらどうするべきなんでしょうか。 間違えないでいただきたいのですが、クライアントの要求は 完了撤回&プロジェクトキャンセルの要求ではなく、 「いますぐ返金しろ」です。 「システムを理解していないことをアピール」して契約自体の無効を主張するのかな?と私は思いましたので、根負けするまで放置が良いと考えております。 皆さまは、いかがお考えになるでしょうか。 ところで蛇足ですが、 下請けかけこみ寺はフリーダイヤルで気軽に相談できて便利です。 https://www.zenkyo.or.jp/kakekomi/ 下請法にひっかからない案件でも相談やアドバイスがもらえます。 最初に聞いてくれる人は弁護士ではありませんが、わりと具体的にアドバイスしてくれます。 ちなみに私の場合、下請法にかからないような零細の法人はコンプライアンスも何もあったもんじゃないし、任意で交渉しても時間の無駄なので、さっさと裁判所へGO!とアドバイスされました。 ちなみに少額訴訟程度以下の案件で代理人を引き受ける弁護士はいないというアドバイスも得られました。 以上ご参考まで。

  • プロジェクトに承諾し、仮入金後にキャンセルした場合

    プロジェクトに承諾し、仮入金後にキャンセルした場合にどのようなペナルティがありますか?

会員登録する (無料)