再オファーを承諾したところ、過去にオファー履歴があるためか、進行中にキャンセルをお願いされた

その他の相談 解決済 回答数:1 閲覧数:158 お気に入りの相談に追加
ログインすると「お気に入りの相談」リストに追加できます。
「お気に入りの相談」に回答やコメントがあると、お知らせ通知が届きます。

FUJI【Web/SEO/動画編集】 (satoshifujinuma)  

ログインすると、FUJI【Web/SEO/動画編集】 (satoshifujinuma)さんに「ありがとう」を伝えることができます。
あまりにも理不尽な対応を取られました。
もともとは6日間送られてくる動画の内容に対して感想を送り続けてくださいという依頼でした。初回案件時にはそれで仕事も完結しお支払いもされていたのですが、最近こちらからオファーをしていないのに、先方からオファーが届きました。こちらとしては、前回と違う内容なのかなと思い承諾しました。蓋をあけてみると内容は同じでした。感想のストックを貯める目的があるのかと思い、初日の感想を送り、二日目を迎えました。すると、二日目以降連絡は勝手に途絶えられ、こちらから様子を伺うと、『以前にもお仕事されてますよね?』と返答がありました。そこで、正直にありますとお伝えすると、謝罪もなくキャンセルするよう促されました。あまりにも理不尽な対応にびっくりしこちらに相談させて頂きました。ちなみに仕事内容自体も7日目にバックエンドである情報商材の売り付けが行われてる始末です。そのような内容はランサーズ内にて記載されておらず大変迷惑しております。
投稿日時:2020年12月26日 23:09:55

回答者コメント

以下のような仕事依頼は結構多いでしょうね。初心者の頃、ビデオ感想案件見かけるたびに、「楽で誰でもできて視聴できて・・なんかお得そうだよね。」と思った後に、「いつも多量に出しているのは怪しい。たぶん売付け商法」と思い至って、それ以降、そういう案件出すクライアントは全部、ゴミ箱にポイ!しています。

>バックエンドである情報商材の売り付けが行われてる始末です。

・今だに依頼されている案件であれば、案件の「違法ボタン」を押して通告しましょう。
・メッセージは気をつけないといけませんね。私ももうメッセ送らないで!と何度もお願いしている、「タ〇〇」という会社?がいまだにしつこくオファ送ってくるのですが、「何百人」に送信しているようで、「誰が仕事断った人か?前にやった人か?」など、全然把握していないと思われます。→大勢に送り付けるほど、ひっかかって購入してくれる人の確率は増えますよね。そういう商法なんですよ。ランサー側で気をつけなと・・。

【ランサーズにお願いしています】
数年前から、何度もお願いしていることがあります。
「特定クライアントからのオファ」を拒否できる機能を追加してほしいということ!

いまだに実現されていません。なぜでしょうか?結局、このあたりはクライアント主義なんだと思います。クライアントが気持ちよく、大勢に一挙にオファできる機能がなくなったら、依頼数を減らすことになりかねない・・だから、クライアント拒否機能をつくってもらえないのかな?と。

来年は変えて欲しいですよね。リストから「クライアントを見えなくする」機能はあるものの、はやく「クライアントを指定してオファ拒否機能」を作って、ランサーにとっても安心で仕事しやすい環境を充実させてほしいものです。

ログインすると、青野ともみ(study21) (study21)さんに「ありがとう」を伝えることができます。
投稿日時:2020年12月27日 10:10:19

FUJI【Web/SEO/動画編集】 (satoshifujinuma)  

ログインすると、FUJI【Web/SEO/動画編集】 (satoshifujinuma)さんに「ありがとう」を伝えることができます。

投稿者コメント

study21様、丁寧なご回答いただきありがとうございます!
やはりそうなのですね。
ランサー側で防いでいくしかないですよねm(__)m
一人でも多く被害を受ける方が減ることを願うばかりです。
投稿日時:2020年12月27日 10:17:09

関連する相談

  • クライアントから『納品したファイルを取り下げるように』という内容証明が届きました

    ある日突然、クライアントから『納品したファイルを取り下げるように』という要求が内容証明郵便で届きました。 こんな場合、あなたが私の立場ならどうしますか? ――プロジェクト方式で仕事をされたことのある方なら当然、ご存知でしょうが、既に開始されたプロジェクトは、クライアント側からのキャンセルはできません。 但し、ランサーがきちんと業務を遂行しなかった場合に限り、双方の話し合いの上、キャンセルが認められています。 しかし、このクライアントは私が納品したファイルを一切読まずに、一方的にキャンセルを強要してきたのです。 何故こんな事になったかは、いずれお話しますが、まず最初にこの脅迫めいた文書が届いた時、自分の頭に浮かんだのは、「どうやって私の住所氏名を入手したのだろう?」という事です。 このクライアントには、連絡用のメールアドレスしか伝えていないからです。 しかし後に、ランサーズがクライアントに雇われた弁護士からの開示請求を受け、私の個人情報を提供したという事実が判明したのです。 その瞬間、私は恐怖と怒りで体が震えました。 何故なら、私は以前よりランサーズのサポートに、「このクライアントは何をするか分からないので、絶対に私の個人情報だけは教えないでください」とお願いしていましたし、サポートのI氏もその要請を承諾していたからです。 そんな事情があったにも関わらず、私に一言の報告もなく、個人情報を提供したのですから、驚かない方がおかしいでしょう。 勿論、クライアントが誰もが知るような有名企業であれば、個人情報を伝えても何の問題もないでしょう。 そもそも普通の企業倫理がある会社なら、ランサーズのルールを全く無視した要求などはしないでしょうし、トラブルが起きた場合でも平和的に話し合いで解決しようとする筈です。 しかしこのクライアントは、私との話し合いを一切拒否し、私に対して個人情報を明らかにする事を繰り返し要求してくるのです。 一体、何の目的があって執拗に個人情報を知りたがるのか? おそらく、そのクライアントにとっては、「私の個人情報を入手する」という事でこの問題を決着しようとと考えたのでしょう。 相手の個人情報を入手することでトラブルを解決する手段とは何なのでしょう? 恫喝? 嫌がらせ?……私が思いつく答えはそれくらいでした。 だからランサーズ事務局に対して、機密の厳守をお願いしていたのです。 しかし、その約束はあっさりと破られました。 その結果、私が心配していた通り、このクライアントは弁護士を使って、私の住所氏名を開示させるや否や、本来はルール違反である、「クライアント側からのキャンセル」に無条件で従うことを強要する文書を送りつけてきたのです。 (ちなみにその内容証明の主張も、現実とはまるで異なる虚偽のものですので、後日検証します) これを読んでいる方は皆、ランサーズが信頼できる会社だと判断したからこそ、自分の個人情報を委ね、会員登録した人たちです。 したがって、 ●ランサーズは会員の個人情報をどのように管理しているのか? ●守秘義務はきちんと守られているのか? ●トラブルが起きた時に、事務局はどんな対応をするのか? ●明らかなルール違反者の要請を受け、ルールを守って仕事をしている会員の個人情報を漏えいさせた理由は何なのか? ●ランサーズのスタッフは、個人的判断で会員の登録情報を第三者に開示する権限を与えられているのか? ……これらの全てを知る権利がある筈です。 長くなるでしょうが、どうか最後まで注目し、私が全てを報告し終えることを支持して頂くようお願いいたします。 最後まで報告した上で、私が正しいのか、クライアントが正しいのかの判断を頂きたいと思いますが、私に対する質問や御意見はいつでも歓迎いたします。

    2015年05月30日 受注者(ランサー)の相談 回答受付中 65
  • 安すぎませんか?

    システム開発で提案しようといろいろ見ているのですが、クライアントが無知なのか安すぎませんか? それでも請け負うランサーがいるからこんなに価格崩壊しているのでしょうか。

    2015年02月04日 受注者(ランサー)の相談 回答受付中 33
  • 提案案件のコメントについて

    提案案件のコメントについてですが、こちらは通知がこず、気づかないことが多いです。 複数提案しているので、全件確認することは厳しいのですが、 こちらは私の設定なのでしょうか。 ご確認お願いします。

  • いい加減なクライアント

    期間内にランサーを決めない・連絡もしないクライアントが多過ぎます。 クライアントさんにも事情があり、やむなく募集をキャンセルことはあると思いますが、連絡もしないまま再度同じ内容を募集するとか止めて欲しい。 例えばこれなど↓ ネットワークビジネスの紐付けのシステムの構築 http://www.lancers.jp/work/detail/853181 その辺りの審査や制限をlancers殿にちゃんと行っていただきたい。 ランサー側も毎回真剣に提案しているため、時間の無駄。やる気も失せてきました。 lancersってやっぱりこんなものか・・・と思ってしまいますね。

  • まだ支払いを受けていないのに返金を要求してくるクライアント

    ランサーの皆さま、今日もお疲れ様でございます。 もしタイトルのような法人クライアントがいたとして、皆さまならどうされますか? クライアントの「担当者」から納品物にOKをもらってから 完了報告した後で「責任者」があれこれ言い出す状況です。 報酬金額は少額訴訟の範囲程度とお考え下さい。 報酬はエスクローされたまま宙に浮いています。 これを返金しろと言われたらどうするべきなんでしょうか。 間違えないでいただきたいのですが、クライアントの要求は 完了撤回&プロジェクトキャンセルの要求ではなく、 「いますぐ返金しろ」です。 「システムを理解していないことをアピール」して契約自体の無効を主張するのかな?と私は思いましたので、根負けするまで放置が良いと考えております。 皆さまは、いかがお考えになるでしょうか。 ところで蛇足ですが、 下請けかけこみ寺はフリーダイヤルで気軽に相談できて便利です。 https://www.zenkyo.or.jp/kakekomi/ 下請法にひっかからない案件でも相談やアドバイスがもらえます。 最初に聞いてくれる人は弁護士ではありませんが、わりと具体的にアドバイスしてくれます。 ちなみに私の場合、下請法にかからないような零細の法人はコンプライアンスも何もあったもんじゃないし、任意で交渉しても時間の無駄なので、さっさと裁判所へGO!とアドバイスされました。 ちなみに少額訴訟程度以下の案件で代理人を引き受ける弁護士はいないというアドバイスも得られました。 以上ご参考まで。