タスク案件について

その他(仕事)の相談 解決済 回答数:1 閲覧数:3481 お気に入りの相談に追加
ログインすると「お気に入りの相談」リストに追加できます。
「お気に入りの相談」に回答やコメントがあると、お知らせ通知が届きます。

kaori1343 (kaori1343)  

ログインすると、kaori1343 (kaori1343)さんに「ありがとう」を伝えられます。
ランサーズを先ほど始めたばかりのものです。
タスク案件についてご相談させてください。

タスクで気になる仕事があったのですが、
詳しい内容をみることができません。
「作業を開始する」をクリックしてしまうと
最後まで作業をしなくてはいけないのでしょうか?

自分でできる仕事かわからないので
内容次第では作業を中止したいのですが
その場合はどうなるのでしょうか?
仕事を提供してくれる人に作業を中止したと
ばれてしまうのでしょうか?

承認率にも影響がでるのでしょうか?


回答にあたり不明点があれば、お気軽にご質問ください。
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿日時:2019年10月04日 14:27:08

回答者コメント

>タスクで気になる仕事があったのですが、
>詳しい内容をみることができません。


多くのタスク依頼では、仕事一覧からタイトルをクリックした1ページ目の「依頼概要」画面にプレビュー表示されますが、クライアント側の設定によっては3ページ目の「作業プレビュー」でなければ見られないこともあります。
ご相談内容はこのケースですね。

実は依頼概要画面で「作業を開始する」をクリックしても、すぐに作業開始されるわけではありません。


【タスク作業開始までの流れ】
①「作業を開始する」を押す

2ページ目の「作業前の確認事項」画面。
ここでは簡単な確認事項の説明が表示されます。

②「同意して作業を開始する」を押す

3ページ目の「作業内容プレビュー画面」。
ここで、相談者様が言う「詳しい内容」を見ることができます。
実際の作業画面がどうなっているか、のプレビューです。

③「この作業を開始する」を押す

ここでようやく作業が始まります。
右上に制限時間(120分)のカウントダウンが赤文字で表示され、作業開始されたことがわかります。


*上記の流れは、初めてやるタスク案件の場合です。
同じタスクの2件目以降をやる時は、「作業前の確認事項」「作業内容プレビュー」がスキップされ、1ページ目から直接作業画面へ飛びます。





>「作業を開始する」をクリックしてしまうと
>最後まで作業をしなくてはいけないのでしょうか?


一度開始した作業でも、何かの事情で最後まで出来ない場合は、いつでも途中でキャンセルできます。
マイページへ戻る、あるいはブラウザの戻る(←)を押すなどでページを変えればいいのです。
この間も120分のカウントダウンは続行され、時間が残っている間はマイページの「仕事管理」画面から作業再開することができます。






>自分でできる仕事かわからないので
>内容次第では作業を中止したいのですが
>その場合はどうなるのでしょうか?
>仕事を提供してくれる人に作業を中止したと
>ばれてしまうのでしょうか?

>承認率にも影響がでるのでしょうか?


クライアント側に、作業の中止やキャンセルが知られることはないはずです。
一度作業を始めた場合でも、急な来客があったり突然お腹が痛くなったり、何かの事情で作業完了できなくなるかもしれませんよね?
そのため作業の完了は強制ではなく、いつでも自由に途中キャンセルできるシステムになっています。

タスク承認率は、「作業完了して納品した仕事がクライアントに承認されたかどうか」の数字です。
作業の結果に問題ありとクライアントが判断し、非承認・拒否された場合に承認率は下がります。
たとえば通販であなたが売った商品が不良品だったら、購入者にマイナス評価を付けられるのと同じです。

私も数回タスク作業を途中終了キャンセルしたことがありますが、このせいででタスク承認率が下がることはありませんでした。
(承認率が下がったのは非承認された場合のみでした)

タスク作業は好きな時間で気軽に出来るのがウリですから、ぜひ一度チャレンジしてみて下さい。
ログインすると、文字もじモジュール.com (vyora)さんに「ありがとう」を伝えられます。
投稿日時:2019年10月05日 11:19:23

関連する相談

  • ランサーズに、こんな「裏ルール」は存在するのか?

    新しいテーマの相談を立ち上げました。 詳細は「クライアントから『納品したファイルを取り下げるように』という内容証明が届きました 」という相談↓ https://www.lancers.jp/consultation/detail/1088 を読めば御理解して頂けると思うのですが、以下に簡単に整理します。 ――私は某クライアントからシナリオ制作のプロジェクトを依頼されたのですが、プロジェクト開始から1ヶ月半も経ってから一方的にキャンセルを通告されました。 その時点において私は、クライアント側の都合で半月間、業務開始の遅延を強いられた上、提示されたあらすじに沿って作成したシナリオに関して、クライアントの要望に従って何度も修正作業を繰り返してきました。 そんな状況であったにも関わらず、このクライアントは、まるで自らに一切の責任がないかの如く、さも当然の権利だと言わんばかりにキャンセルを強要してきましたのです。 私にはこの身勝手な要求が、ランサーズのルールにも、下請法にも違反した行為であるとしか思えず、キャンセルに同意する気にはなれませんでした。 あくまでも話し合いでのトラブル解決を提案する私に対し、クライアントは一切の対話を拒否し、弁護士を使ってランサーズに私の個人情報を開示させ、「キャンセルに同意するように」という文書を内容証明で送りつけてきたのです。 ……以上がこのトラブルの経緯です。 ランサーズの会員なら御承知のように「一旦開始したプロジェクトは、クライアント側からのキャンセルはできない」という原則は、ランサーズのルールの根幹です。 しかし、このクライアントはまるで「途中キャンセルは、クライアントの正当な権利である」と確信しているようです。 この行動の根源にある「成果物さえダウンロードしなければ、報酬を支払う義務は生じない」という裏ルール(?)は、明らかに先のルールと相反するものであり、もしこんな裏ルールが存在し、容認されるのなら、エスクローのシステム自体が全く無意味なものとなります。 つまり、ランサーにとってみれば、エスクロー入金が確認できたからといって、それが「安心して仕事に取り組める」、「このクライアントは信頼できる」という判断材料にはならなくなるのです。 ランサーズ事務局には、是非この問題についてハッキリとした見解を示して頂きたいと思います。 ①「開始したプロジェクトは、クライアント側からのキャンセルはできない」   ②「成果物さえダウンロードしなければ、報酬を支払う義務は生じない」 このどちらのルールが優先されるのかということです。 常識のある人なら一目瞭然でしょうが、一方は「ランサーズのルールをきちんと理解した人が守っているもの」であり、もう一方は、「ランサーズのルールを全く理解していないか、理解した上でその盲点をついたもの」です。 果たしてランサーズの会員は、どちらのルールを信じ、それに従うべきなのでしょう? ランサーズ事務局として明確な見解を示して頂くと同時に、ランサーズ会員の皆様の御意見も是非お聞かせ頂きたいと思います。

    2015年06月15日 受注者(ランサー)の相談 回答受付中 93
  • クライアントの質が低すぎる

     ここで募集されている案件を見ていると、仕事に対する姿勢がなっていないクライアントが散見されます。 ------------------------- ●USBの形を3Dで制作してください、 http://www.lancers.jp/work/detail/877206?proposeReferer=search.result > 多分納期データはC4D 形式だと思います。  「多分」じゃ困ります。 ●別荘建築の営業用チラシに使う3Dグラフィック作成 http://www.lancers.jp/work/detail/878581?proposeReferer=search.result > センスの良いものが比較的安価に作成できるようであれば、既存/新規の物件もまとめてご依頼する予定です。  いいものが安く作れるわけがありません。  作業に対して適正な対価を支払ってください。  作業者は奴隷ではありません。 ●3Dアニメーションに使用するモデリング作成 R関連 http://www.lancers.jp/work/detail/893508?proposeReferer=search.result > 品質重視 スピード重視  矛盾しています。 > 大量募集 > もう1名現状で候補者を探しています  矛盾しています。 > R関連  意味不明です。 > モデリング1モデル ¥10000  1ヶ月はかかる作業です。 > サンプルで上半身のみで構いませんので提案時に資料を元に作成した画像をご送付して頂く形でご提案をお願い致します。  それだけで半月以上かかります。 > 資料は以下のGoogle検索で表示されている画像のキャラクターです  著作権侵害です。 -------------------------  これらのクライアントは、「自分が仕事を請ける立場だったら、この募集を見てどう思うか」という思考ができていないようです。  「相手の立場になって考える」というのは社会人として備えているべき当然の資質だと思うのですが、ここでは社会人未満の人が仕事を募集しているようです。  以前、クラウドソーシングでの報酬の相場が低いことやコンペなどの作業者に不利な仕組みがあることについて、改善を要求する要望書をランサーズに提出しました。しかし返事は > この度は、お忙しい中貴重なご意見をいただきまして > 誠にありがとうございます。弊社にて確認させていただきます。  のみでした。  何も対応策を採らなければ、これらの問題は解決されませんし、クライアントの質は低いままです。  発注者と受注者が共にいい仕事ができるように、クラウドソーシングを改善していくには、どのようにすればいいのか、考えをお聞かせください。

    2016年02月18日 受注者(ランサー)の相談 回答受付中 35
  • クライアントの自動キャンセルの多さ

    初めまして。 相談は、表題の通りですが、長々と選考中のまま、最後になって自動キャンセル、発注の理由がなくなった、などとというのが続いています。キャンセルペナルティなどを課す等、対策をお願いいたします。

  • 納品が終わっているのに一ヶ月近く放置された挙句、修正要求で支払わない。

    9月4日納品の動画をその日に収めました。その後調整があるとのことで納品後なので微調整ということなら良いですよということでした。早く修正して終わらせたいのに、その後、連絡してもなかなか連絡も来ず、来たと思えば『忙しくて』そしてまた調整案も来ず、連絡しても『忙しくてバタバタしてて』で・・結局1ヶ月近く放置されたまま先日『納品は終わっているのだからもう完了してください』といったらやっとでできた納品後の調整案が、当然に納品期日があるのでそれに合わせて有料の音源まで購入していて納品も終わっているにも関わらず、その音源の変更も含めたざっくりとその場しのぎの大まかで適当な変更案。。なので、情報商材屋系の詐欺だと思います。早く完了してもらうにも発注者がそのような輩なので困ってます。流石に納期から一ヶ月はいい加減すぎます。どうにかして欲しいです。 現在は、私はあまりにもひどいので、この後も続けるなら他に頼んでくれといっていますが、やけに執着してきます。 しかし、納期後は別途の料金も出せないようですので、ランサーズさんの方でしっかりチェックしてください。他の受注者も困ります。 お金も貰えてません。 どうしたら良いですか?

    2019年09月27日 受注者(ランサー)の相談 回答受付中 27
  • 連絡催促申請を再度しても良いものか迷っています。

    3月に作業の完了報告をして「確認作業をするのでお待ちください。」と言われて待っていると2カ月が経っても連絡が来なかったので連絡をすると「6日までには確認します。」と言われて待っていると約束の期限が過ぎても連絡すらこず、また連絡すると今度は1カ月が経っても音沙汰もなくなってしまい、連絡催促申請をしてようやく連絡がつくようになりました。 「体調が悪かったので7月末までには確認する。」ということでしたが、今日で7月最後です。 共有したスプレッドシートの確認項目に1つもチェックがついておらず、確認作業が進んでいるように見えません。 このままだとまたさらに1カ月とズルズル先延ばしされそうなので8月に入ったら再度連絡催促申請しようかと思っています。 再度連絡催促申請しても大丈夫だと思いますか。

    2020年07月31日 受注者(ランサー)の相談 回答受付中 19
会員登録する (無料)