佐藤健次

佐藤健次

  • Kenji-Sato
  • 個人
  • 東京都
  • 認証が完了していないクライアントです

提出
  • 本人確認
  • 機密保持確認
  • 電話確認
  • ランサーズチェック
業種
学術・研究
登録日
2021年7月23日
フォローする

発注数

1

評価

5.0

発注率

50 %

1 / 2

電磁ノイズを制御してセロにする「対称3線方式」の電気回路の実践に成功

佐藤健次
大阪大学名誉教授、加速器物理学研究者

今から25年ほど前のことですが、千葉市稲毛区にある現在のQST病院の重粒子線がん治療装置HIMACの主加速器・重イオンシンクロトロンの建設に当たり、配線の数が3本の「対称3線方式」の電気回路と電源を製作したところ、電磁ノイズの大きさが、従来の配線の数が2本の電気回路と比較して、千分の一にまで小さくなりました。その結果、故障がなく、安定で、再現性の高い運転が実現され、不安のないがん治療が実現されるようになりました。その後、国内では十台を超える粒子線・重粒子線のがん治療装置が建設され、最近では、国外にも輸出・販売されるようになりました。このように、安心してシンクロトロンをつくれるようになり、安定して運転できるようになったのは、ひとえに、配線の数が3本の電気回路と電源に負っています。
 ところで、配線の数を3本にして電磁ノイズを減らす技術は、世界的に例がなく、また、当然、数理学的な電気回路理論が必要です。あの時から25年が経ちましたが、最近、新しい概念として、電気回路の「対称性と対称性の破れ」を思い付きました。なお、数年前に、南部陽一郎、小林誠、益川敏英の3氏がノーベル物理学賞を受賞されましたが、その授賞理由は「対称性の破れ」の発見でした。電気回路でも同様のことが起きていたことになります。これから教えられることは、広く普及している配線の数が2本の電気回路および電気回路理論には不十分な点があります。
 当然、この新しい概念は論文に投稿すべきですが、年齢に加えて病を得たこともあり、先ずは、webホームページに、wordの文章に、officeの数式、visioの図面をファイルとして添付し、その全体像を示そうと思います。そこで、webホームページの作成をお願いする次第です。
 なお、従来の、広く普及している配線の数が2本の電気回路の理論とは異なる面も多く、その考え違いを議論する場面もあるため、長々とした文章になります。ただ、病を得ているため、自分の作業を少なくすべきと思う点もあり、A4にして50頁ほどの文章を2回程度と考えています。
 また、読者からのコメントを頂けるような体裁にして欲しいと思います。
 何しろ、webホームページの何たるかを知らずに、作成をお願いしているので、的外れな点があることについては、お詫びします。

このクライアントに提案営業する

提案営業して受注をアップするコツ

実績・評価 (1件)

最近の仕事 (2件) 募集中のみ

予算
~300,000円
募集期間
募集終了
提案数
2件
予算
~300,000円
募集期間
募集終了
提案数
56件

同じ業種のクライアント

発注数
65
発注率
80 %
65 / 81
発注数
13
発注率
93 %
13 / 14
発注数
31
発注率
94 %
31 / 33
佐藤洋平 (yoheisato)
  • 認証
  • 個人
  • 富山県
業種:
学術・研究
発注数
79
発注率
89 %
79 / 89
発注数
0
発注率
--- %
0 / 0
ken5_full (ken5_full)
  • 認証
  • 個人
業種:
学術・研究
発注数
23
発注率
100 %
23 / 23
nomuraks (nomuraks)
  • 認証
  • 個人
  • 埼玉県
業種:
学術・研究
発注数
15
発注率
94 %
15 / 16
ゲーリッヒ (gehrig1993)
  • 認定
  • 認証
  • 個人
  • 埼玉県
業種:
学術・研究
発注数
75
発注率
89 %
75 / 84
小岩広平 (5f05f104c74dd)
  • 認証
  • 個人
  • 宮城県
業種:
学術・研究
発注数
5
発注率
71 %
5 / 7
発注数
60
発注率
85 %
60 / 71

同じ業種の導入事例