伊藤 直樹 (ItoNaoki) | 芸能・エンターテイメント | クラウドソーシング「ランサーズ」

サイトマップ
For 発注者
伊藤 直樹

伊藤 直樹

  • ItoNaoki
  • 個人
  • 50代前半男性
  • 認証済み

提出
  • 本人確認
  • 機密保持確認
  • 電話確認
  • ランサーズチェック
業種
芸能・エンターテイメント
登録日
2017年06月10日

発注数

9

評価

5.0

発注率

60 %

9 / 15

音楽だからできること。音楽にしかできないこと。

 大手食品会社(本社:大阪)、総合広告代理店(名古屋市中区錦2)を経て音楽業界へ。音楽の専門教育を受けたことは一切なく、クラシックは大好きだがギターを独学で弾いて遊ぶ程度である。とはいえOvation(エレアコ)とGodin(エレガット)を所有。高校時代にはブラバンでトランペットを吹き、部員数90人の吹奏楽部の部長を務めたが、ソロコンでは大貫妙子のインスト曲『ルクレツィア』を独自のアレンジで臨み、地区大会で銀賞という人には言えない成績であった…。
 1994年よりクラシック系の芸能プロダクションに3年勤務し、社長の故Eddie氏よりマネジメントの仕事とは「アーティストが演奏に専念できる環境を作り上げること」「徹底的に“裏”であること」を学ぶ。そして独立、1997年7月にミュージック・ステーションを設立する。
 地元アーティストのコンサートマネジメント、公立文化施設や地方自治体の自主事業の公演制作、コンサートや文化講演のプロデュースなど東海三県を中心とした幅広い活動を行う。
 2006年より、宗次ホール(名古屋市中区栄4)の開館準備室の設置に伴い、スタッフとして勤務。2007年3月のオープンに向け、副支配人として開館のためのあらゆる業務に携わる。
 オープンでは宗次エンジェルヴァイオリンコンクール、ランチタイムコンサート、オープニングシリーズの企画運営と制作を、そしてマスコミ&プレス対応など広報活動を進めていく。また舞台ではステージマネージャーとして全ての公演を担当するが、ヴァイオリンコンクールの審査委員長であるヴァイオリニスト、シュロモ・ミンツ氏より“Perfect!”と評されたことで、更にステマネ人生が調子に乗ることとなった。開館以降は100日近くの連続勤務をこなすなど、体力と精神力を養いながら“現場主義”を貫く。
 その後は、声楽家&オペラ制作の団体である「名古屋二期会(現一般社団法人名古屋二期会)」の事務局長を務める。関係各所との調整を図るだけでなく、主催するオペラ本公演や多数の声楽コンサートの制作実務を担いながら、事務局スタッフの育成と日常業務の効率化を進める。
 2010年ミュージック・ステーションをリスタートし、名古屋市の千種駅近く「5/R Hall&Gallery」の建設のためこの音楽と美術の複合文化施設の開館準備の段階から携わり、現在に至っている。

評価・実績 (6件)

もっと見る
もっと見る

募集中の求人 (0件)

募集中の求人はありません

募集中の仕事 (0件)

現在募集中の仕事はありません。
今後の動向を確認したい場合は
フォローしましょう


ランサーズチェック

業務上の対応について

注文書などの書面を用意できますか?
はい
業務委託契約や秘密保持契約などの契約を結ぶことができますか?
はい
システムやWeb制作の仕事を依頼する際、RFP(提案依頼書)や仕様書を用意することができますか?
はい

制度や権利の理解について

下請け法の概念を理解していますか?
個人のため適用範囲外
源泉徴収の概念を理解していますか?
個人のため適用範囲外
著作権などの知的財産権について理解していますか?
はい
ランサーズの 利用規約依頼ガイドライン を理解していますか?
はい