グループ代表「輝城会(KIJOKAI、Kijokai)等」のロゴ

グループ代表「輝城会(KIJOKAI、Kijokai)等」のロゴを依頼します。

輝城会グループは社会医療法人輝城会、医療法人社団高仁会、社会福祉法人なごみの杜 の3法人で構成されたグループであり、群馬県北部地域を中心に医療介護サービスを提供しています。

この事例を参考にしてロゴを募集する

ロゴ詳細

「すべては地域のために」をモットーに、脳と心臓の急性期病院である沼田脳神経外科循環器科病院を中核とし、限りある医療・介護資源の有効活用を模索し続けています。またグループ一丸となって連携体制の維持・向上に向けた職員全員のたゆまぬ努力を重ね、地域住民の皆様方との信頼関係をより強固なものとし、永続性のある発展的な組織運営を目指しております。
設立から既に30年を過ぎ、未だグループを象徴するようなロゴマークを明確に持っていなかったことから、沼田脳神経外科循環器科病院の新棟増築を契機としこの度正式にロゴマークを作成することになりました。
新棟への看板からパンフレット、徽章等多岐に渡って利用したく、当方や群馬県利根沼田地域のイメージに相応しいデザインを作成して頂ければと思います。

・徽章やアイコン等にも使うことを想定しており、なるべく正方形や正円に近い形で収まるデザインを希望します。抽象部と文字部に分ける(抽象部を徽章等に使う)形でも結構です。
・具体的な象徴物がないので、輝城会やKIJOKAIの文字部から一部ないしは全部をリデザインし表現するのがいいかと思いますが、類推イメージ等でも結構です。
 なお輝城会の名称由来ですが、輝は創設者名から、城は赤城山と、開院当初沼田城跡の近く(沼田公園)に診療所があったことから取られています。
 脳と心臓をデザインに生かすのでも結構ですが、病院に限定したイメージとなりやすいので使いどころには工夫が必要かと思います。(言われてなるほど、と気づくレベルまでに留めてください)
・緑を中心とした色使いがいいですが、ある程度多色になっても結構です。
・納品ファイル形式は各種指定していますが、すべてでなくとも結構です。ただ、部分的な再編集等行う場合もあるので極力レイヤ情報等は残したままにしてください。

発注者コメント

最終的には職員アンケートにて決定させて頂きましたが、こちらのデザインは見た目にも映えて分かりやすいという点が大きかったかと思います。
「光」を動きのある形で表現されていたのも良い印象がありました。

関連事例を見る

他の事例を探す

ジャンル
テイスト
文字・スタイル
用途・目的