大手企業もフリーランスを活用する時代へ

大手企業もフリーランスを活用する時代へ
法人企業に不可欠であるオフィスIT環境の構築を、ワンストップで提供しているのが『KDDI まとめてオフィス』。KDDIが手掛ける法人向けのサービスです。同社が会員向けサービスの拡充・営業施策の実行にともない、Webサイトの改修を検討したとき、依頼相手として選んだのはフリーランスでした。フリーランスと直接契約をするという行為が、大手企業にとっては難しいこともあるでしょう。KDDIという日本有数の大手企業がフリーランスとプロジェクトを遂行するにあたり、どのようなスキームを組んだのでしょうか。KDDI株式会社 ソリューション事業本部 課長補佐の菊池 由希子さん、新妻 隆志さんに伺いました。

フリーランスという専門家が集まっているから、ランサーズを選んだ

KDDI

菊池 由希子さん(左)、新妻 隆志(右)

―『KDDIまとめてオフィス』の会員向けキャンペーンにあたり、Webページとバナーの作成でランサーズを利用いただきました。利用に至った背景をお聞かせください。

新妻:『KDDIまとめてオフィス』の会員プログラムの運用や営業施策については、子会社が考えて実行します。サービス企画やWeb画面の管理は、私たち事業企画が担当しているんです。全体を俯瞰すると、KDDI本体と子会社がチームのような状態で進めています。

今回は、子会社の打ち出す施策と連動させて、会員サイトを改修する必要が生じました。過去、Webページのフロント部分については、システムベンダーさんに依頼していたんです。システム専門のベンダーさんだったため、デザインを専門にできる会社を探す必要がありました。

リニューアルの話が立ち上がってから、実装までの期間が2ヶ月足らず。あまり時間はありませんでした。かといって、クオリティを下げるわけにはいきません。どこに依頼するのが最適かを検討している中で、ランサーズを使ってみてはどうかという意見が出てきたんです。

―制作会社やベンダーに頼むのではなく、フリーランスへの発注になります。不安や迷いはありませんでしたか?

菊池:デザイン会社に依頼した実績がなかったので、比較はしていませんし、特に自社内にノウハウがたまっていたわけでもありません。であれば、専門家がたくさん集まっているランサーズを利用することが最適の選択でした。

超大手企業とフリーランスをつないだサービス体系

KDDI

―貴社のような大手企業ですと、フリーランスや個人事業主へ発注するというのは難しいのではないでしょうか。

菊池:社内規定によって、個人の方と直接取り引きはできないですね。また、デザインの発注をしたノウハウがないので、進め方がいっさいわかっていませんでした。これらの事情から、フリーランスや個人の方と仕事をするのは難しかったんです。

そこで非常に助かったのが、ランサーズ社の提供している法人向けサービスの存在でした。「Lancers業務委託プラン」を取り入れることで、ランサーズ社が間に入りフリーランスの方との仕事が滞りなく行なえたと思っています。

具体的には、ランサーズ社内のディレクターに要件定義を行なっていただきました。ディレクターの方が最適なランサーさんをアサインしてくださり、実制作をお任せするスタイルです。

新妻:今回は納期が迫っていたこともあり、二人のランサーさんをご紹介いただき、共同でデザインとコーディングを実施していただきました。

最初にランサーズを利用している法人のランサーさんを選んでいただき、更に個人のランサーさんを選出いただく。全体のディレクションをランサーズ社が行ない、制作部分のディレクションとコーディングを法人ランサーさん、デザイン部分を個人のランサーさんに依頼という分業制です。

フリーランスの方と直接の取引が難しい事情がありましたが、ランサーズ社が間に入ることで取引が可能になり、スムーズに進行することができました。その結果、個人で活躍できるほど優秀なデザイナーさんから、思ったとおりのアウトプットを出していただくことができました。

具体的なアウトプットを提案されたことで、プロジェクトは進んだ

KDDI

―Lancers業務委託プランによって、課題解決ができたとのことです。実際にはどのような課題を、いかにして解決したのでしょうか。

新妻:デザインを依頼した経験もノウハウもなかったのですが、当社としてやりたいことは明確でした。どのような役割のページなのか、必要な要素はなんなのかという、核となる部分は持っていたんです。それをどうやって形にするのかがわからない、というのが大きな課題でした。

こちらが実現したいことをランサーズのディレクターに伝えて、ご提案をいただく運びとなりました。伝えたといっても、要件を箇条書きで羅列して口頭で補足した程度です。サイトに必要となる項目を伝えただけ。

菊池:その後、叩きとなるデザインを提出いただきました。具体的な絵として見ることができたので、当社側のチームで議論が格段に進めやすくなったんです。イメージがない段階では、誰も正解を持っていませんし、デザインとしての正解を想像することもできず。

色味やレイアウト、各要素のサイズなどアウトプットのイメージはなにもなかったんです。どうやって発注するか悩んでいましたが、箇条書きで載せたいものを伝えただけで、デザインに起こして提案いただけました。

―提案されたデザインについてはいかがでしたか?

菊池:きちんとこちらの意図を汲んでいただけたもので、チームのメンバー誰ひとりとして「気に入らない」という声は上がりませんでした。修正をお願いしたのは、写真の変更と縦に並んだ要素を横並びにして欲しいという程度。

新妻:修正の対応も素早く行なっていただき、実質2週間で完成しました。こちらとして、「ここまでに完成したら、余裕を持って準備できる」と想定していた納期どおりです。

―デザインや納期、段取りを含めて、発注して満足度は高かったですか?

KDDI

新妻:何もわからない状態から、満足できるものを作成いただけたと思っています。納期や段取りについても、不満に感じた部分はありません。

菊池:例えば営業施策としてチラシをつくりたいとなったとき、同じように要素や伝えたいことを整理しておけば、素敵なデザインにしていただけるんだろうと感じています。今回は私たち事業企画が介在しましたが、フローを理解することができたので、今後は子会社から直接の発注をするなど、もっと効率的な使い方ができると期待しています。

< おわり >


002