ライターへの直発注よりも省エネ&高品質。ディレクターが創る貴社専属チーム

ライターへの直発注よりも省エネ&高品質。ディレクターが創る貴社専属チーム
要件に合った納品体制を構築して制作ディレクションを代行する、ランサーズのディレクションサービス。プロジェクトごとに専任スタッフが付き、企業に代わって最適なライターチームを編成しています。質の高い記事を安定して提供できる理由は、ライター選定から始まる納品体制の作り方にありました。長期の執筆案件に従事するディレクターとライター、双方の立場から話を伺いました。

「必要な記事」と「自社リソース」はトレードオフの関係ではない

コンテンツを活用したWebマーケティングの広がりに伴い、記事制作のためにクラウドソーシングを活用する企業が増えています。

その一方で、依頼要件に合うライターを集めるのに時間がかかったり、品質チェックのために社内リソースを割くことも多いようです。

自社の手間を抑え、高品質な記事を安定的に入手するにはどうするべきか。ランサーズでは、企業が求めるコンテンツ毎にライターチームを作り、進行管理と品質管理を代行することでこの課題にお応えしています。

大手人材会社の求人広告ライティング業務に長期で携わってきた、フリーライター 水本 愛さんとランサーズ株式会社 ディレクター 大和 正幸。 2人の言葉から、オンライン編成のチームが企業のコンテンツ制作チームに成長する仕組みが見えてきました。

パートナーとして信頼できるライターを厳選

ーーランサーズ社のディレクターは、企業に代わりライター選定を行っていますね。ライターはどのように選んでいるのでしょうか。

大和:我々ディレクターは、クライアント企業がどういった記事を必要としているかをお伺いし、要件に合った記事が書けるライターに執筆を依頼しています。必要な知識やご経験を持った人を集めるために、我々もランサーズで募集をかけることが多くあります。水本さんはこのディレクションサービスが始まった初期の頃にご提案くださったんですよね。

水本:もう2年近くお世話になっていますね。もともと副業ライターだったのですが、フリーランスとして独立を考えたことが提案のきっかけでした。文字単価が高く、サービスの運営者が仲介する案件ということもあって、安心感があったんです。

大和:執筆いただく記事は、クライアントの事業活動の一端を担うコンテンツです。求める水準が高い分、報酬に反映しているんです。弊社が募集をかける案件はすべて、初回ご参加の方は、テストライティングで執筆ルールを順守いただけるかを見させてもらっています。求めている品質以上の成果物を出していただけるとわかって、初めて正式にプロジェクトメンバーとしてご参加いただくんです。

水本:私もテストを受けてから、本格的にプロジェクトに入れていただくようになりました。そうやってスキルを見てもらったうえで継続してお声掛けをいただけるので、報酬額の保証という意味だけでなく、ライターとしての自信にも繋がっています。

書き手の資質を見抜くのは、多くの成果物を見てきたディレクター

ーー企業によって求める記事は様々かと思いますが、どのような基準でライターを振り分けてチーム編成しているのでしょうか。

大和:記事要件ごとにライターを募るのと並行して、過去の納品物を見て書きぶりを知っている方にも打診しています。ディレクターは納品物を見ますので、誰がどういう書き方をするという知見が溜まっています。

この人は大衆向けのノウハウ記事が合っているな、この人はターゲットを絞った広告記事向きだな、この人はストーリーに引き込む小説のような書き方ができるな、といった感じです。

新規で納品体制を作る際には、ディレクター間でこういった情報をシェアしてお声掛けしています。一度弊社のディレクションサービスで執筆いただいたランサーさんは、よりご自身に合った案件にお声がかかるような仕組みになっているんです。

水本:私の情報もディレクターさん同士で共有くださっていたんだろうと思います。今は求人広告のチームに入らせていただいていますが、元々は求人票を作る業務をしていましたから。

ーー当初の執筆内容から要件が変わって、大変さを感じることはありませんでしたか。

水本:もちろん今まで書いたことのない記事を書くとなると、新たな知識を習得するために勉強する必要がありますし、楽ではありません。でも、確実に対応できるお仕事からご依頼くださったので、大変だとは感じませんでした。今までの納品物を踏まえて「この人ならこれも書けそう」と思ってもらえることに、むしろ嬉しさを感じていました。

少し納期が短かったり納品本数が多かったりしてプロジェクトチームで対応しきれない分を、ヘルプで書かせていただくこともありました。

恐らくこういったヘルプ対応は、どのライターさんもご経験されているんでしょうね。どのプロジェクトチームに入ってもその経験が生きていると思います。チームを支える者同士で助け合うという考え方が浸透しています。風邪で執筆スピードが落ちたメンバーが書ききれなさそうな分を、手が空いている人たちが代わりに執筆するですとか、そういう助け合いが自然に起きるんです。

要所を捉えた編成が長期プロジェクトの基盤を成す

ーー品質の高い記事を納品するにあたり、大切にしていることはなんでしょうか。

大和:ディレクションの前段階ですが、何に使われる記事を納品するのか、我々が理解しておくことですね。発注要件の整理からサポートしますので、どういった目的で記事を必要としているか、しっかり伺うんです。

クライアントの声を一番近くで聞いているからこそ、執筆時のルールを綿密に作るだけでなく、そうなった理由をライターに伝えることができるんです。

長期に渡るプロジェクトも少なくないため、企業の発注意図を早い段階で理解してもらうことに神経を使っています。必要最低限のコミュニケーションだけで回り始めるようになったら、安定したクオリティの成果物が出てくるようになりますので。

必要と判断すれば、ライターさんに執筆以外の動きをお願いすることもありますよ。確実に納品物の品質が上がる、納品スピードが上がる場合に限りますが。

水本:求人広告のプロジェクトは、ライターの対応範囲が広いパターンですよね。執筆にあたり質問があれば、直接エンドクライアントとコミュニケーションを取らせていただいています。

ディレクターさんを経由して問い合わせると、その分執筆時間が減ってしまいます。とにかくスピードを重視する案件ということもあり、このやり方では厳しかったんです。チームメンバーも同様にやりづらさを感じていたようで、少しずつ疑問の声が上がるようになりました。これがきっかけで、今の運用に変わりました。

大和:多くのライターさんに負担を強いる運用体制だと気づけたので、アラートを上げてもらえたのはありがたかったです。クライアントには、当初の要件にない稼働として、追加費用をいただくことで調整。ライターの皆さんには少し対応範囲を広く取ってもらう分、報酬を上乗せすることでご納得いただきました。

水本:ディレクターさんが私たちライターの意見にしっかり耳を傾けて改善のために動いてくれたことも、納得感をもって業務に取り組めるようになった理由のひとつです。

会社員だったら、ちょっとした業務負荷は、お給料をもらっているから仕方ないという感覚だったと思うんですよね。でも、フリーランスになった今、自分の稼働が直接報酬に結び付きますから、範囲外の業務の負担はできるだけなくしたいという想いが強くなっていたんです。その気持ちを汲んでもらったような気がして、この対応には誠意を感じました。

大和:そうしないと、ライターさんは継続して執筆できなくなりますよね。それはクライアントにとっても不幸なことです。弊社がどこまでを受け持つか線引きをして、必要なフローを組み込むというのは大前提ですが、持続可能性が高い納品フローを敷くことがそもそもの我々の仕事です。

納品サイクルが回れば回るほど、そのプロジェクト自体への理解が深まっていく。つまり、長く続けば続くほど、プロジェクトに最適なコンテンツ制作チームになるんです。高品質な記事を一過的に納品してほしいというご要望も承れますが、長期のご依頼でこそ真価が出てくると思いますよ。

事例集ダウンロード