Webサイト制作・依頼を超効率化する要件シート

Webサイト制作・依頼を超効率化する要件シート
有名Web制作会社で働くWebディレクターが、10年間に培ったノウハウを公開! Webサイト制作・依頼をする際に使える、要件シートをまとめました。これさえあれば、Webサイト制作の効率化、間違いなし。外部パートナーに依頼する際も、このシートでまとめおけば、スムーズなやり取りが実現します。要件シートは、エクセルでダウンロード可能。効率的なWebサイト制作にお役立てください。

Webサイト制作・依頼をスムーズにする要件定義シート

要件定義
「よく分からないけど、とりあえずWebサイトを作ってくれ」。こんな依頼も少なくありませんが、Webサイトというのは、ブログを更新するように簡単に作れるものではありません。

ところが発注側としては、Webについて詳しくなければ、どのように依頼するのがベストか分かりませんよね。「要件をまとめてくれ」と突き返されても、何をどのような形でまとめるのか、チンプンカンプン。

そこで今回は、10年以上のWebディレクター歴の中で蓄積したノウハウがぎっしり詰まった「要件シート」を公開します! この要件シートに沿って動けば、Webサイト制作に関する必須事項が漏れなくカバーできるというスグレモノ。永久保存版です!

downroad

要件シートの項目ごとの大まかな流れ

プロジェクトについて

発注者が、何を目的としたどんなサイトを作るのかを確認する項目。

ディレクターや制作チームは、この項目をもとにして、担当する作業の範囲を明確にし、どんな人員配置、スケジュールで進めるかを決めていきます。

サイト構成について

サイトマップを作成します。作る予定のWebサイトには、どういう項目があって、どんなページがあって、どんなURLで、というのを定めます。

加えて、対象のサイト種別ごとに、対象OSと対象ブラウザを定めます。見落としがちですが、実はとても重要な部分です。Webサイトとひとくくりにしても、閲覧する環境は多種多様。

PCで見る人、スマホで見る人、フィーチャーフォン(ガラケー)で見る人。更には、PCでもOSが異なりますし、ブラウザも異なります。スマホであれば、iPhoneだけでも機種やOSのバージョンが違いますし、Android端末は無数に存在します。

すべての閲覧環境を網羅するのは難しいですが、最低限のカバー範囲は定義しておく必要があります。どうしてもすべての環境に対応したいという場合、(実際には不可能に近いのですが)それ相応のコストが必要です。

システム要件

目に見えるものや見えないものを含め、サイトにどんな「機能」を持たせるのかをここで明確に決めます。

「機能」とは、例えば、「投稿ボタン」や「シェアボタン」も機能ですし、サイトのページを表示させるのに何秒かかるか、というのも機能のひとつ。こういう部分を定義しておかないと、完成してみて想像と違ったことが起こる可能性があります。

技術要件

サイトの構築を実現させるために必要な環境を定めます。

実際にどのような開発言語を使い、どのようなソフトウェアを導入するのか可視化します。かなり専門領域に踏み込みますので、詳しくない人には分からないかもしれません。そんなときは素直に、制作側に相談してみましょう。

Webサイトで実現したいことをきちんと定義していれば、必要となる技術要件を導き出してくれるはずです。

インフラ要件

インフラ要件とは、インターネットのサービスの土台を構築するための要件を定めます。サーバーやプラン、ドメインなどについて、何を使うのかを決めます。ここで決めたサーバー上に、サイトのデータを入れていきます。

サーバーやドメインの取得は、発注側で行なうのか、そこまですべて依頼するのかも決めておきましょう。想定するアクセス数に応じて、契約するプランを変更することも必要です。こちらも専門領域となりますので、制作者にアドバイスを求めるほうが安心です。

セキュリティ要件

簡単に言うと、不正アクセスを防止するルールなどを決めましょう、という項目です。

不正アクセスを防ぐための武器と防具を決めるのです。防止策は数多くあり、理想は当然すべての対策を組み込むこと。ですが、対策を増やせば増やすほど費用がかかるため、どこまで対策するかは予算と相談です。

扱うデータによっても、『最低限』といえるセキュリティレベルは異なります。個人情報を扱うWebサイトを作成するのであれば、細心の注意を払うのがベストです。

品質要件

ここでは品質のチェック、つまり、作ったサイトに問題がないかを検証します。

検証する範囲や内容、環境を決め、その規定の品質をクリアしたら、完成品としてリリースできることになります。

納品後にクレームを起こさないように、きちんと定義しておくことをオススメします。また瑕疵担保責任についても、きちんと取り決めておきましょう。

リリース要件

サイト公開の手順を決める項目です。何月何日の何時に作業し、何時までに公開する、といったものを細かく決めておきます。

ここで決めたリリース期日から逆算して、Webサイトやシステムの構築、デザインの決定、機能の決定などを行ないます。直前になってリリース日時を変更しないよう、余裕をもったスケジュールを立てましょう。

運用・保守

いわゆるアフターサービスです。発注者がこれを依頼した場合、サイト公開後もWebサイト制作チームがメンテナンスや更新などを請け負います。

これを依頼しない場合は、サイトが公開されたら制作側の仕事はすべて完了となります。その後の不具合については、瑕疵担保責任の範囲や期日によって、対応が異なります。最悪の場合、どんなエラーが発生しても、修正は別途費用が発生する可能性があります。

Webサイト作成を依頼するための要件定義シートまとめ

ここまで解説した内容をまとめることで、Webサイト制作の依頼がスムーズに進みます。それぞれの項目を記入するためのシートを用意しました。

無料で何度でも使っていただけますので、これからWebサイトの制作を依頼する方々は、ぜひ活用してください。入力に際して不明なことがあれば、一旦は空欄にして、制作者に相談することをオススメします。

シートがあるからといって、知ったかぶりは禁物です。「分かること」「分からないこと」をはっきりさせる意味でも利用してみてください。完璧に入力していなくても、「どの項目について分からないのか」が伝わることで、アドバイスの方向や中身が明確になり、お互いにとって良いことづくめ。素敵なWebサイトを制作してください。

downroad
002