専門分野を取り扱うメディア運営者に聞く、良いコンテンツの基準とは。

専門分野を取り扱うメディア運営者に聞く、良いコンテンツの基準とは。
専門知識の求められるコンテンツはどのように作るべきなのか。ライターに求められるものは専門知識の他に何があるのか。法人会計周りのコンテンツを発信している「MFクラウドブログ」の運営者に伺う。 取材協力:株式会社マネーフォワード MFクラウド本部 マーケティング部 部長 林裕司氏 【スペシャルムービーつき(全2編)】

専門ライターに求められるもの

専門分野を取り扱うメディアは、エンタメ性の高いコンテンツとは違って、読者の理解促進やお役立ちコンテンツが主目的になる。そのため、信頼性や信ぴょう性などの情報の確かさや、通常の生活の中では知りえない情報の深さが求められる。その専門的な情報をいかにわかりやすく伝えられるか、有資格者や有識者がライティングをする際にぶつかる壁の一つでもある。

調査機関や省庁が発表している資料は専門家にとっては有用なものの、なかなか一般の生活者までは届かない。解釈の仕方やその背景などをわかりやすく解説してあげることで、読者にとって有用なコンテンツへと変化する。専門領域のメディアで執筆するライターは、専門知識とライティングスキルだけでなく、咀嚼力が必須になってくる。専門家としての視点と一般人としての客観的な視点を持ち合わせたライティングを心掛けなくてはならない。

「MFクラウド公式ブログ」編集部に聞く良いコンテンツの基準とは。

「MFクラウド公式ブログ」全ての記事を監修する林氏。コンテンツマーケティングに対する取り組みに対して手応えを感じてきていると言う。「なぜコンテンツマーケティングに取り組むのか」「良いコンテンツの基準とは」「分かりづらいコンテンツをどう伝えるか」などを伺う(全2編)。

mf_moviecapture1

上の画像をクリックすると再生されます。動画の視聴には会員登録が必要です。

mf_moviecapture2

上の画像をクリックすると再生されます。動画の視聴には会員登録が必要です。