Lancer of the Yearの記事一覧

働き方の選択を自由な意思で決める人を応援する『THE LANCER』のLancer of the Yearに関する記事一覧です。フリーランスやSOHO、在宅ワーク、副業などの働き方に役立つ情報満載です。気になる記事を探してみてください。

2017年3月31日(金)に行われた『Lancer of the year (以下LOY)2017』。次世代型の働き方を体現する、前年度LOY受賞者たちによる、現在の活躍までの道のりや受賞後の変化についてのパネルディスカッションが開催されました。集まったゲストを前に、フリーランスとして自分らしい働き方を実現した彼らは一体何を語ったのでしょうか。

もっと見る

2017年3月31日(金)に開催した『Lancer of the Year 2017』にて、新しい働き方を体現している5部門の表彰を行ないました。授賞式で放映した受賞者ムービーや受賞者コメントなど、当日来場できなかった方、これからフリーランスになる方のために、徹底レポートします!

もっと見る

月収50万円を稼ぐWebライターの吉見さん。ド未経験スタートから4年で、ライティングやセミナー講師の活動で生計を立てられるまでになりました。フジテレビ系列『バイキング』に生出演など、多数のメディアに登場。ランサーズの出世頭、吉見 夏実さんによる連載スタートです。

もっと見る

成果を出し、自分らしい生き方を確立したフリーランス達。クラウドソーシングで心にゆとりある生活を手にした人、パラレルワークを実現した人、北海道で移住生活を送る人、家族と過ごす時間が増えた人などスタイルは様々。そんな生活を送る『Lancer of the Year 2016』受賞者に、今の気持ちを伺ってみました!

もっと見る

クラウドソーシングが誕生し、既成概念にとらわれず、多様な働き方を選択できるようになった今。次世代ワークスタイルを体現するフリーランスを表彰する『Lancer of the Year 2016』が開催。受賞者たちは、今何を想うのか。5名の声や心境をお伝えします!

もっと見る

数多くのフリーランスの中から、その働き方・生き方が次世代のロールモデルとなる個人を表彰する『Lancer of the Year』。今年、見事受賞に輝いた方々のうち、4人の受賞者に現在の心境や、受賞後の変化、同じフリーランスへ伝えたいことをお聞きしました!

もっと見る

香港の高校を卒業後、来日。最終学歴は、東京大学大学院卒というウォンさん。英語と母国語のバイリンガル教育を受け、さらに来日18年ということもあり、3カ国語を操ります。そんな彼女でも子育てをしながら仕事をするとなると選択肢は限られてしまいました。パートではなくもっと望む仕事がしたい! そこで彼女は、ある働き方にチャレンジしたのです。

もっと見る

フリーの働き方といえば、「1人黙々と仕事」というイメージの方も多いのでは? でも、フリーエンジニア・田淵 翔太さんは違います。彼は知人エンジニアとチームを組み、年収1,000%アップを実現。今年、『Lancer of the Year 2016・チームワーク部門賞』を受賞した彼に、活躍し続けるための秘訣を聞きました。

もっと見る

”時間や場所にとらわれない新しい働き方を体現するフリーランス” から、次世代ワークスタイルのロールモデルを表彰するセレモニー『Lancer of the Year 2016』。去る3月23日(水)に開催された当セレモニーで、『ワークライフバランス部門賞』を受賞された清水 希枝さん。2児の母でありながらフリーライターとして活動する彼女は、数年前まで海上保安官として働いていました。そんな清水さんに受賞の喜び、受賞後の変化についてお話しを伺いました。

もっと見る

フリーランスとして活動を始める前は、Web業界をはじめとする業界でキャリアを築かれたいたという、「Lancer of the Year 2016」受賞者の今村さん。友人の薦めもありフリーランスへと転進されたことで、家族と過ごす時間を手に入れることができたと語る今村さんのワークスタイルについてのインタビューをご紹介します。

もっと見る

本業のカメラマンにとどまらないパラレルなワークスタイルを実践し、『Lancer of the Year 2016』で栄えあるMVPに輝いた池田 昌広さん。元は大手企業で家電の設計開発者として勤務され、その後フリーランスのフォトグラファーとして独立し長野に戻られたという経歴の持ち主です。今回は、業種や場所にとらわれない「新しい働き方」を体現している池田さんに、MVP受賞の感想や、ご自身のワークスタイルについてインタビューを行いました。

もっと見る

結婚され、アメリカ・ロサンゼルスで子育てをしながら翻訳のお仕事をされている則岡 麻里絵さんもまた、本年度の『Lancer of the Year』の受賞者の一人。フリーランスとして働く上でのメリットについて「仕事のやり取りはメールで完結でき、子供の都合に合わせられる」と語っていた則岡さんですが、受賞後の時期にご自身の環境にある変化が起こったそうです。

もっと見る