フリーランスの記事一覧

働き方の選択を自由な意思で決める人を応援する『THE LANCER』のフリーランスに関する記事一覧です。フリーランスやSOHO、在宅ワーク、副業などの働き方に役立つ情報満載です。気になる記事を探してみてください。

中学校の国語教師から、編集者・ライターへ転身した櫻井よしい氏。音楽雑誌の編集者、ライターを皮切りに、新雑誌創刊の編集長として手腕を発揮。その後も大手出版社から単行本を出し、さらに新たな分野へのチャレンジとして車雑誌の編集者なども経験し独立。櫻井よしい氏の歩みと労働観に迫るシリーズ「例えばこんなフリーランス」。

もっと見る

フリーランスエンジニアにとって、資格は経歴と同じく自身の能力やステータスをアピールするために有効活用できます。 最近は企業としても資格の重要性が見直されてきていますので、単価、キャリアアップにおいて、資格の有無で有利に運ぶことができると考られるでしょう。本記事ではフリーランスエンジニアとして取得して損はない資格をご紹介します。

もっと見る

フリーランスの編集者・ライターとして書籍やWeb記事の企画・制作に携わるかたわら、コンテンツ制作事務所「Tokyo Edit」の代表をつとめる大住奈保子氏。大学を卒業後にライターとしてキャリアをスタートし、「KADOKAWA」ほか大手出版社の編集者として順調に実績を積み重ねてきた。その覚悟と高いプロ意識が、大きな成果につながっていったのだろう。そんな彼女の仕事観と原動力に迫るシリーズ「たとえば、こんなフリーランス」。

もっと見る

フリーランスになると、本業の制作や開発業務以外の庶務作業なども行わなければいけません。フリーランスの業務効率化はアプリやツールを有効活用することが鍵です。現役フリーランスエンジニアの筆者が役に立ったアプリをご紹介します。

もっと見る

ファッションアプリの編集、ブロガー、モデル事務所のマネージャー。多岐にわたった歩みを経た彼女からは、ファッションへの情熱、クライアントや読者の期待に真摯に向き合う提案力が窺えました。あるフリーランスの歩みと、労働観に迫る『たとえば、こんなフリーランス』。

もっと見る

東京・五反田のコワーキングスペースCONTENTZで6月24日、ライターや編集者の方を対象としたイベント『新しい仕事を作ろう! 変化し続けるライター、編集者の仕事』が開催された。ゲーム作家兼ライターの米光一成氏と編集プロダクション「ノオト」代表の宮脇淳氏が、これまでの足跡を振り返りつつ、ライター・編集者の未来図を描いたトークの一部始終を紹介する。

もっと見る

編集者になるために選んだのは、東京の大学を卒業して出版社へ入社すること。東大の文学部で美学芸術学を専攻し、後に株式会社KADOKAWAへ。現在はフリーの編集者として活躍する、早野龍輝氏の経歴と労働観に迫ります。シリーズ、『たとえば、こんなフリーランス』。

もっと見る

月収50万円を稼ぐWebライターの吉見さん。ド未経験スタートから4年で、ライティングやセミナー講師の活動で生計を立てられるまでになりました。フジテレビ系列『バイキング』に生出演など、多数のメディアに登場。ランサーズの出世頭、吉見 夏実さんによる連載スタートです。

もっと見る

“住んだからこそわかった「その国らしさ」”を、世界各地に住むフリーランスが紹介するシリーズ。 今回は、アメリカ・カリフォルニアで大学生活から就職、出産を経験したフリーランスに移住体験談をお聞きしました。フリーランスやリモートワークという働き方が浸透している背景には、子育てのある事情も反映されているようです。

もっと見る

大学を卒業し、すぐに結婚。子宝に恵まれ女性としての幸せを手にしたものの”社会人経験がない”という引け目を感じていたmippippiさん。「社会人として仕事をしたい」という一心で始めたクラウドソーシングで新しい人生を切り開きました。専業主婦の働き方に風穴を開ける、mippippiさんが歩んだ数年間をご紹介します!

もっと見る

“住んだからこそわかった「その国らしさ」”を、世界各地に住むフリーランスが紹介するシリーズ。 今回は、オーストラリア在住6年のフリーランスに移住体験談をお聞きしました。広大な自然、穏やかな国民性を連想するオーストラリアは、まさに理想の移住先かもしれませんが、実際の生活はどのようなものなのでしょうか。

もっと見る