フリーランスの記事一覧

働き方の選択を自由な意思で決める人を応援する『THE LANCER』のフリーランスに関する記事一覧です。フリーランスやSOHO、在宅ワーク、副業などの働き方に役立つ情報満載です。気になる記事を探してみてください。

新聞社勤めからフリーランスに転向した、伊藤さん。札幌市在住のフリーランスとして、校正から多くの案件のディレクターとしてライターさんと企業とのパイプ役を担うなど、幅広く活動しています。ネットを駆使して“地方でも都市部と変わらないほどのクライアントと繋がりをもって働ける”ということを体現している伊藤さんは、新聞社時代以上に案件を通して様々な人とつながり、ランサーズの「地域ディレクター」として活躍の場を広げています。そんな伊藤さんの素顔に迫ります。

もっと見る

ここ数年、日本でフリーランス人口が急速に伸びています。時間や場所を拘束されない新しい働き方として、注目を集めるフリーランスですが、その一方で、多くのトラブルに巻き込まれやすいリスクも抱えています。フリーランスの陥りがちなトラブルとその回避方法を、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(以下、フリーランス協会)代表理事の平田麻莉さんに伺いました。

もっと見る

2020年までにフリーランスの人口が労働者全体の50%になると予想されているアメリカ、45%になると言われているカナダ。北米での目を見張るほどのフリーランス人口の急増にはどのような背景があるのでしょうか? カナダでフリーランスとして活動しているライターが、肌で感じたことや周りの体験談を交えながらお伝えします。

もっと見る

フリー歴1年のフリーライターに企業協賛!? 2016年にフリーランスとして独立したばかりの古性のち(こしょう のち)さんは、210日間で17ヵ国を旅し、(株)KDDIウェブコミュニケーションズの協賛を受けた写真展を開催中。いちフリーランスが企業から協賛を受けられたその理由とは。

もっと見る

お隣の国「韓国」では現在フリーランスの数が国内労働力の3割にものぼると言われています。この状況を盛り上げているのは、ここ数年突如として現れた「YOLO族」、そして新しい考え方を持つ若者世代です。彼らは超就職難といわれるこの時代をどう生き抜こうとしているのか、模索しながらもパワフルに生きる、韓国フリーランスの現状を韓国で7年間在住しフリーランスとして活動しているライターが紹介します。

もっと見る

ランサーズが行った調査によると、日本における広義のフリーランス人口は1,122万人にも上ります。スタンダードな働き方となりつつある、フリーランス。では、実際にフリーランスで稼ごうと思うと、具体的にどのようなスキルが必要になるのでしょうか。ライター、デザイナー、エンジニアの場合をご紹介します。

もっと見る

2017年5月30日に開催されたイベント、〜これからの複業・副業を考える「人生100年時代に必要な働き方とは」〜で行なわれたトークセッションの様子をお届けします。第一部では副業・兼業を認める企業側の声として、「サイボウズ株式会社」「株式会社エンファクトリー」からパネラーを迎えて、各社の取り組みが紹介されました。

もっと見る

効率的に仕事ができる環境に身をおくことは、フリーランスの特権であり、生産性を高める上で重要なポイントになります。活躍中のフリーランス3名に、ご自身の仕事環境を公開していただきました。なかなか知ることができない、他のフリーランスのワークスペースに潜入です。

もっと見る

フリーランスやノマドワーカーといった言葉をよく耳にする機会が増えてきました。今回は過去に『THE LANCER』に掲載された、日本を飛び出し、海外を舞台に活躍するフリーランスの方々の記事をまとめました。いずれは海外で働きたいと思っている方にぜひ参考にしていただきたい、海外を拠点に活躍する先輩フリーランスの物語です。

もっと見る

脱サラまたは副業のめどがついて個人事業主となったものの、お金の管理や帳簿のつけ方について実際にどうしたらいいのかわからない、という個人事業主ビギナーは数多くいます。本記事では、なぜ個人事業主が事業用の費用と生活費などの個人的な支出をしっかりと分けて管理をする必要があるのか、そしてどのようにお金を管理するか、ご紹介します。

もっと見る

今までに『THE LANCER』に掲載された記事の中から、東京都内にあるコワーキングスペースに関する記事をまとめました。自宅以外の作業空間をお探しのフリーランスの方に、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

もっと見る

個人事業主になったからといって、扶養に入れないわけではありません。ただし税金と社会保険の扶養要件に違いがあるので注意が必要です。また、必要経費計算や青色申告による特典など、パートタイマーとは異なる注意点にも気をつける必要もあります。

もっと見る