働き方の記事一覧

2020年までにフリーランスの人口が労働者全体の50%になると予想されているアメリカ、45%になると言われているカナダ。北米での目を見張るほどのフリーランス人口の急増にはどのような背景があるのでしょうか? カナダでフリーランスとして活動しているライターが、肌で感じたことや周りの体験談を交えながらお伝えします。

もっと見る

フリー歴1年のフリーライターに企業協賛!? 2016年にフリーランスとして独立したばかりの古性のち(こしょう のち)さんは、210日間で17ヵ国を旅し、(株)KDDIウェブコミュニケーションズの協賛を受けた写真展を開催中。いちフリーランスが企業から協賛を受けられたその理由とは。

もっと見る

18歳からフリーランスのイラストレーターとして活動し、現在は有名雑誌や書籍等で活躍される二階堂ちはるさん。子供の頃から漫画と音楽が好きで、CDジャケットを描きたいという思いからイラストレーターという道を選び、活動されてきました。今回は、雑誌や書籍の多くに、なくてはならない存在のイラストを描き続ける二階堂さんにインタビューしました。

もっと見る

ランサーズの中でも案件が多い職種のひとつがライターです。しかし人気があるということはライバルも多いということ。案件にコンスタントに採用され、収入を得るためには自分なりの強みがあると武器になります。自分のフィールドを活かせるのもライターの魅力のひとつ。今回、美容の世界からライター業へと飛び込んだ女性ライターをご紹介します。

もっと見る

お隣の国「韓国」では現在フリーランスの数が国内労働力の3割にものぼると言われています。この状況を盛り上げているのは、ここ数年突如として現れた「YOLO族」、そして新しい考え方を持つ若者世代です。彼らは超就職難といわれるこの時代をどう生き抜こうとしているのか、模索しながらもパワフルに生きる、韓国フリーランスの現状を韓国で7年間在住しフリーランスとして活動しているライターが紹介します。

もっと見る

この世にあふれる「音楽」。日々耳にするけれど、誰もが簡単に作れるわけではない、遠い才能の世界。そんな才能を職業にする人がいます。ゲーム音楽やアイドル向けのポップス、演歌まで、幅広い「音」を生み続ける、作詞・作曲家の関口正男氏。塗装業を営む父の背中を見て育った幼少期、音楽には無縁で体ばかり動かしていたという少年は、いつしか「音」を生業とするようになりました。近年はライターとしても幅広く活動する、その原動力は一体なんなのでしょうか。

もっと見る

「人生100年時代」に生きるライフスタイルの実践者である20代、40代、80代の3名の方にこれまでの経験や、今後の生き方・働き方について語っていただきました。ー『LIFE SHIFT』~あなたの人生も、100年つづく~ 20代、40代、80代の実践者が語る、長寿時代のLife&Workー の第2部で行われたトークセッションの模様をご紹介します。

もっと見る

2017年7月6日に開催された、ー『LIFE SHIFT』~あなたの人生も、100年つづく~ 20代、40代、80代の実践者が語る、長寿時代のLife&Workーの第1部で行われたトークセッションである東洋経済新報社『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』編集長の佐藤朋保氏とランサーズ株式会社 代表取締役社長 秋好陽介の対談の模様をお届けします。

もっと見る

2017年5月30日に開催されたイベント、〜これからの複業・副業を考える「人生100年時代に必要な働き方とは」〜で行なわれたトークセッションの様子をお届けします。第一部では副業・兼業を認める企業側の声として、「サイボウズ株式会社」「株式会社エンファクトリー」からパネラーを迎えて、各社の取り組みが紹介されました。

もっと見る

フリーランスやノマドワーカーといった言葉をよく耳にする機会が増えてきました。今回は過去に『THE LANCER』に掲載された、日本を飛び出し、海外を舞台に活躍するフリーランスの方々の記事をまとめました。いずれは海外で働きたいと思っている方にぜひ参考にしていただきたい、海外を拠点に活躍する先輩フリーランスの物語です。

もっと見る