副業から始めるアプリ開発で確実に稼ぐ方法とは?

副業から始めるアプリ開発で確実に稼ぐ方法とは?
副業でアプリ開発をしているという話はよく聞くが、経験者ばかりで「初心者には無理」と思ってしまう方も多いのではないでしょうか? 実は、アプリ開発はパソコン1台とネット環境さえあれば、資金なしでスタートできる副業です。実際に副業でアプリ開発をされている伊藤さんに、初心者が知っておくべきこと、収入を得る方法についてうかがいました。
LANCER SCORE
24

アプリ開発で稼ぐには

近年、副業というワードを頻繁に耳にするようになりました。

私は、「自分にとって一番効率よく、そして楽しく稼げる副業はなにか? 」をテーマに掲げ、Webサイトやデザイン制作などさまざまな副業にチャレンジしてみました。

そんな中でもっとも手応えを感じた副業は、アプリ開発です。

アプリ開発は、パソコン1台とネット環境と知識さえあれば誰でも始められる副業です。例え、今までプログラミングをしたことがない初心者の方でも始められ、なおかつ稼げます。

ただ、アプリ開発で稼ぐ方法には、自作アプリ開発と受託アプリ開発の2種類があります。

初心者の方の中には、どちらがよいのか分からず戸惑っている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実際、私も最初はどちらがよいのか分からず、苦労した一人です。

本記事では、そんな副業でアプリ開発を始めようと思っている初心者の方に向けて、アプリ開発で稼ぐ方法についてご紹介していきます。

アプリ開発の副業の始め方

fukugyoapp02

それでは、アプリ開発の副業の始め方をお話していきます。

アプリ開発を始めるにあたって必要なこと

アプリ開発に必要なことは、プログラミング言語の習得とパソコンの環境整備の2つです。

使用するプログラミング言語は、iPhoneアプリとandroidアプリによって異なります。iPhoneアプリではObjective-CやSwift、androidアプリではJavaが主流です。

パソコンの環境整備も同様に、iPhoneアプリとandroidアプリによって異なります。iPhoneアプリではXcode、androidアプリではAndroid Studioという無料アプリ開発専用ソフトをパソコンにダウンロードしなければなりません。

さらに、iPhoneやandroidの実機が手元にあるとアプリ開発の質がグッと向上します。実機がない場合は、XcodeやAndroid Studioのエミュレーター機能を使用する形になります。

開発時間の目安とアプリ審査の難易度

開発時間の目安は、アプリの制作難易度とプログラミング言語の熟練度によって変動します。例えば、初心者の方が簡単なおみくじアプリを作る場合、30時間ほどあれば完成できるでしょう。

また、アプリ審査の難易度は、iPhoneとandroidで異なります。一般的に、androidは難しくないといわれていますが、iPhoneは難しいといわれています。

アプリ審査の基準について詳しく知りたい方は、アプリケーション審査ガイドライン(App Store Review Guidelines)などをチェックしてみてください。

余談になりますが、筆者は、iPhoneアプリの審査を落ちてしまったことがあります。落ちた理由は、アプリ内にandroidの公式キャラクターandroidくんを登場させていたためでした。

広告収入だけでないアプリ開発の稼ぎ方

fukugyoapp03

続いては、アプリ開発の稼ぎ方のメリットとデメリットをご紹介していきます。

先ほどお伝えしたように、アプリ開発で稼ぐ方法は、自作アプリ開発と受託アプリ開発の2つがあります。

自作アプリ開発で稼ぐ場合、アプリに広告や課金モデルを導入して収入を得る形になります。メリットは、自分の好きなようにアプリを開発できることです。デメリットは、稼げない可能性があることです。

App StoreやGoogle Playなどのアプリマーケットでは、日々新しいアプリが参入しています。また、人気ランキングの上位はCMなどをうっている有名アプリが占めています。

そのため、自作アプリ開発ですぐ稼げるようになるのは、とても難しいです。

ただし、解決策が2つあります。

アプリ開発の副業ですぐに稼ぐ方法1

1つ目は、アプリ開発をiPhoneではなくandroidから始めることです。Google Playのランキングには新着アプリカテゴリが設けられているので、新規参入がしやすいです。

アプリ開発の副業ですぐに稼ぐ方法2

2つ目は、開発したアプリを自ら広告をうつことです。お金がかかりますが、アプリの知名度が広まり、インストールに繋がりやすくなります。

受託アプリ開発の副業で稼ぐ方法

受託アプリ開発のメリットは、確実に収入が得られること。デメリットは、自分の好きなようにアプリを開発できないことです。

ただし、そうはいっても、自らの手でプログラミングを組んでいくので、自由度が全くないというわけではありません。

また、アプリの仕様制作の時点から関わることができれば、自分の意見を反映させることも不可能ではないでしょう。

以上をまとめると、自作アプリ開発は、収入を得るのは難しいながらも、アプリ開発そのものをマイペースに楽しめるもの。

受託アプリ開発は、自作アプリ開発に比べて自由度が低いながらも、確実に収入を得られるものといえるでしょう。

上記のことから、筆者は、自作アプリ開発より受託アプリ開発が副業に向いていると考えています。

アプリ開発は稼げる!まずはチャレンジしてみよう!

アプリ開発は、パソコン1台とネット環境さえあれば、資金なしでできる副業です。

それでいて、在宅ワークが可能ですし、アルバイトするよりも収入を多く得ることもできます。アプリ開発は、副業として十分に稼げる手段といっても過言ではないでしょう。

みなさんの中には、今までプログラミングをしたことがなく、不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方も安心してください。アプリ開発は、リサーチ力とくじけない心があれば、プログラミングをしたことがない方でもできます。

最近では、アプリ開発ソフトXcodeやAndroid Studioのインストール方法などの初歩的なことから細かく解説している書籍などがあるため、初心者の方も気軽に始めることができます。

お試しで副業を始めてみたいという方から本格的に副業を始めようという方まで、まずはチャレンジしてみてください!

きっとアプリ開発は、あなたにとってよい副業になってくれるはずです。

RECOMMEND
関連記事