副業から挑戦するイラストレーターへの夢

副業から挑戦するイラストレーターへの夢
イラストレーターのお仕事はハードルが高くて稼げないとあきらめていませんか? ところが今は、Webでのイラスト作成という仕事が溢れています。まずは副業からはじめてみたいという人にもオススメの方法を、本業=ライター/副業=イラストレーターの西村さんに紹介いただきました。
LANCER SCORE
46

イラストレーターの副業は、本業にも役立つ?

私は、本業でライターをしながら、イラストレーターとして副業もつづけています。

後ほど私がイラストレーターになった経緯はご説明をしますが、実は副業としてのイラストレーターはとても手の届きやすい仕事となっているのです。

イラストを描くのが得意、もしくは好きで職業にしたいけれど、どれだけ稼げるかわからないから不安で踏み切ることができないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

正直、イラストレーターは競争の激しい世界でもありますし、売れっ子になるにはそれなりの経験と実力が必要になってきます。

しかし、その反面、小さなお仕事もそれなりに多い昨今でもあります。

現実、世の中には数多くのイラストレーターの方がいらっしゃいますが、果たして、どれくらいの方が活躍されていて、本業として生活の生業とされているのでしょうか?

インターネットが普及し、様々なメディアでイラストを掲載する可能性は広がってきています。紙媒体で広い面を塗る時の色むらを気にしていた頃が懐かしく思われるほど、ツールも発達してきています。

気軽に描くことができる、そして掲載することもできる今、副業としてまずはイラストレーターとしての一歩を踏み出してみられてはいかがでしょうか?

副業イラストレーターの本業って?

ランサーズに「イラストレーター」として登録しているかたの、本業について調査してみました。

1位:アパレル、DTP、店舗デザインなどのデザイン関連

2位:Webコンサル、Web企画などWebの仕事

やはり、ファッション、DTP、デザイン関連の方が関連業種としてトップとなっています。Webコンサル、Web企画の方も納得ですね。

ただ、面白いことに全く異なる業種の方たちも副業イラストレーターとして活躍していらっしゃいます。例えば、看護師、事務職、農家の方達です。意外ですよね。

本業がとてもお忙しそうですが、しっかりとイラストレーターの副業もされているのです。

ポイントは、イラストの仕事をする時間を捻出すること、そして何よりもやる気次第ではないでしょうか。

副業が本業のここに役に立った私の事例

私は大学時代、シルクスクリーン制作のアルバイトをしていました。

大学の専攻は英米文学だったのですが、ひょんなことからイラストの制作を始め、アルバイトにも没頭する毎日でした。自然の流れで就職活動はせずに、卒業後はイラストの持ち込みなどをして、雑誌などのカットを描き、出版社子会社のデザイン会社に勤務。

それから、転職をして、ベネッセコーポレーションで教材編集の編集者として正社員で働いていました。

実は、子どもの頃から読書が好きだったので、将来はものを書く仕事につきたいと思っていました。そして、同時に小学生の頃から「絵描きさん」になることが夢だったのです。

どちらかを選ぶということが難しく、退職後は編集の仕事で培ったノウハウで、ライターとして仕事をすることを選びましたが、イラストの副業も諦めきれなかったので、自分に正直に二つのわらじを履く選択をしました。

今思うと、出版社の中途入社試験のときに非常に高い倍率を勝ち抜けたのは、イラストレーターの副業のおかげだったと感じています。面接で自分のアクリルやイラストボードの作品を持ち込み、そこが自分でも意外なほど評価をいただくことができました。

また、現在の仕事においては、文字を書くときにはイラストを描くときの色彩や感覚が、イラストを描くときにはシチュエーションを思い描く文章が、相互に私の支えとなってくれています。

副業も仕事という意識を持って取り組む

副業としてイラストレーターのお仕事をさせていただいていますが、お仕事として引き受けた以上、自分で決めていることがあります。

それは、誠意を持ってきちんと取り組むことです。具体的に言えば、納期を必ず守り、自分のできる限りのベストを尽くすこと。

人間なので100点満点の出来栄えとはいかないかもしれません。ただ、それはクライアント側からの評価であることで、自分の中ではベストを尽くすことが大事だと考えています。

クライアントの方とネット上のやりとりとなることがほとんどなので、コミュニケーションにおいて勘違い、すれ違いが生じることもあるでしょう。

けれども、きちんとコミュニケーションを取ろうとする意思は、必ずクライアントの方にも伝わります。納期の前に38度の熱がでたときもあったのですが、なんとか布団にくるまり納品を間に合わせました。

私は無理をしましたが、おそらくそのような状態のときはきちんと事前にお伝えすれば理解していただけたかなと思っています。

副業でもお仕事という意識を持って、仕事をされることで、副業イラストレーターとしての可能性は無限大に広がります。

夢を諦めずに、是非、チャレンジしてみてください。

RECOMMEND
関連記事