浅草 忍者たい焼き アイデアは大勢から募るべき!ランサーズを利用し、ヒット商品を生み出した事例。

東京都浅草・隅田川の近く、江戸通りに店を構える「浅草 忍者たい焼き」。2012年にオープンし、「忍者服着用たい焼き」や「ネクタイ着用たい焼き」など、オリジナリティー溢れる商品で有名だ。そんな同店だが開店当初は、商品アイデアこそ豊富にあるものの、デザインをかたちにできるデザイナーを見つけられずにいた。その後、クラウドソーシングの存在を知った同店は、ランサーズを利用し、個性的な商品を続々と開発。メディアで話題となり、一気に人気店へと成長した。いったいどのようにして、同店は新商品を誕生させたのか? その方法について店長の瀧口氏に聞く。

ここがポイント!

  • これなら売れる! 新商品のアイデアはあったが、具現化できるスキルがなかった。
  • 岡山と神奈川のランサーに発注。場所が関係ないため、様々なランサーに出会える。
  • ランサーズでヒット商品誕生。メディア掲載で話題となり、多くの集客を生んだ。

img_asakusaninjataiyaki_04

ランサーズを活用する前にどのような事業課題を抱えていましたか?

- 浅草の中心から離れた立地。そのため、認知拡大しなければ売上向上は見込めませんでした。

「忍者たい焼き」をオープンする以前はテーマパークに勤務し、人気アニメやゲームのキャラクターをモチーフとしたフード開発を担当していました。この業務に日々取り組む中で、自分も新しいオリジナルのキャラクターを創り、日本全国に広めていきたいと思うようになりました。

その後、独立を決意してからは、大好きな浅草の街に店を開くことを決意。しかし、浅草・雷門周辺の一等地に、店をオープンするのは予算的に厳しいものでした。そのため、お店は浅草・雷門から少し離れた場所にオープンすることにしました。しかし、当店の立地だと浅草の中心地に比べ、一気に人通りが少なくなる。そのため、通りがかりに入店されるお客様だけではなく、事前に認知度を高め、来客数を増やさなければと強く感じていました。

- 前職の経験からアイデアは豊富。でも、かたちにできるデザイナーがいませんでした。

前職でキャラクターフードの開発を経験していたため、商品アイデアについては苦労しませんでした。そのアイデアをもとに商品化を決めたのが、「忍者たい焼き」。外国人観光客の多いこの浅草の街で、外国人は非常に大切なお客様。この外国人に受ける商品は何かと考えたところ、それは「忍者(NINJA)」でした。これが忍者たい焼きが誕生したきっかけです。

その後、コンセプトが決まったこの「忍者たい焼き」を商品化させようとしましたが、かたちにできるデザイナーがいない。当然、私はデザイナーではありませんでしたが、知り合いにもデザイナーが見つかりませんでした。しかし、いちサラリーマンから独立した私に、制作会社に委託できるほど予算の余裕はありません。せっかく良いアイデアを生み出したのに、商品化できないというもどかしさを感じていました。

どのようにしてランサーズを導入したのですか?

- 受注者は岡山県と神奈川県のデザイナー。ランサーズの発注で場所は関係ありませんでした。

デザイナー探しに奔走していた私でしたが、「キャラクターデザインはプロに任せたほうがよい」と前職からの経験で感じていました。そのため、自分にもできるほど、安価にデザイン発注が行なえる方法はないか、ネットで検索をしました。それで出会ったのがランサーズ。私自身、最新のネットサービスに関心があったため、さっそく依頼をしてみることにしました。

初めて行なった依頼は、忍者たい焼きの平面デザインでした。とりあえず、デザインの募集を行ない、良いと思ったランサーさん(ランサーズを利用し仕事を受ける人 ※以後ランサー)の案を採用しました。採用後に知ったことですが、その受注者のお住まいは岡山県。私の店のある東京・浅草からは遠く離れた場所でした。しかし、ネットを通して仕事を行なうため、場所が離れていることは何の問題でもありませんでした。そのランサーさんとは約200通ほどのメッセージのやり取りを通じて、思い描いていた忍者たい焼きのデザインを完成させることができました。

この成功体験から、ランサーズにはクオリティーの高いデザイナーが多数登録されていることに気がつきました。それで「その他の依頼もやってみよう!」と思い、次工程で必要となる焼き型の立体デザインの依頼を開始しました。今回の受注者は神奈川県在住の30代の方。工業デザインの経験が豊富な方で、前回同様に約180通ほどやり取りを行った末、焼き型を完成させました。
img_asakusaninjataiyaki_05

ランサーズを活用することで、課題はどのようになりましたか?

- その後もランサーズで商品開発。メディアに取り上げられ、ヒット商品誕生に繋がりました。

ランサーズを利用し、お店の第1号商品となる忍者たい焼きが誕生した時、「単に食べるだけではなく、楽しめるたい焼き」を実現できたと感激しました。開店当初、アイデアはある。けれどもかたちにすることができないという問題を抱えていましたが、ランサーズに出会えたことで、その問題は一気に解決しました。その後もランサーズの可能性に気付いた私は、ネクタイの形をした「ネクたい焼き」をランサーズで開発。お店の商品を増やすことができました。

それからは当店のオリジナリティーある商品が話題となり、いくつかのメディアで取りあげていただきました。結果としては、開店当初に目指していた認知拡大に成功し、わざわざ当店を目的に浅草に訪れるお客様も手にすることができました。

ランサーズを活用する上でのコツやアドバイスはございますか?

- 依頼のポイントは2点。内容を視覚的に伝えることと、納得いくまで連絡をとること。

私が思うランサーズで依頼を成功させるためのポイントは大きく2点です。1点目は、依頼を文章だけではなく、図やイラストを利用し、視覚的に受注者に伝えること。これは特にデザイン案件で必要なことですが、やはり文章だけでは発注者の要望を明確に伝えることは難しいと思うためです。

2点目は、ランサーさんに対し、納得のいくまでコミュニケーションをとること。受注者とは、なるべく間隔を空けず、すぐに返信するように心がけてみてください。連絡方法はランサーズサービス内のメッセージ機能を使ってもいいし、電話、Skypeなど何でも良いと思います。このようにして密にコミュニケーションを行なうことで、互いに要望をしっかりと伝えあえる関係を作り出せるのではないでしょうか。私の場合は、1つの依頼で数百回ほどの連絡を行ないます。それほど、発注者が納得できるまで、連絡を行なうことで、互いに求めるゴールを達成できるのではないでしょうか。

編集後記

サラリーマンからの独立。その後、デザイナーの不在で一時は頓挫するのではと思われた開業が、ランサーズにより一気に解決。その後は浅草の人気店へと店を成長させることができた。しかし、このような事例は別に特別なことではない。当然だが、開業・起業したての頃はあらゆる面においてリソースが不足しているはずだ。一昔前であると、その独立時に多くの開業資金を持っていないと、事業が成り立たないケースが多かったことだろう。だが、現在ではランサーズを利用し、登録している多くのランサーに仕事を依頼することが出来る。同店がランサーズで仕事を依頼したのは僅かな時間でのことだが、その僅かな作業が、後にヒット商品を生み出し、人気店へと変貌させることもある。ぜひ、貴社も自社の課題をランサーズで解決し、大きな成長を実現してみてはいかがか。

[ランサーズ編集部]