株式会社インテリジェンス 人材採用のプロが選んだ、外部リソースの有効活用方法。

転職支援・人材派遣・求人情報などを手掛ける、株式会社インテリジェンス。主要事業のひとつである求人サイト「DODA」は、業界トップクラスの283万人という会員数を誇る。求職者や求人企業から支持される理由のひとつは、質の高い求人情報=求人広告を掲載していること。有効求人倍率の良化が示すように、求人需要は増加し、同社の業務も増加の一途をたどる。課題となったのは、品質と数を両立する求人広告制作の体制づくり。社内人員強化と並行して選ばれたのは、ランサーズの活用だった。株式会社インテリジェンス キャリアディビジョン 採用企画事業部 事業部長 福本 貴司氏・DODA制作部 マネージャー 桜木 麻理氏に聞く、人材採用のプロが考える社外リソースの活用術。

ここがポイント!

  • 繁閑の波に合わせて、必要なときにだけリソースを確保
  • Lancers業務委託プランを利用して、クオリティを担保
  • 要件定義から進行管理までを任せられる、サービス体制

インテリジェンス

業務量・業務領域の拡大を遂げるためのパートナー。

―求人サイト「DODA」において、求人広告の制作を担当するライター業務でランサーズを使っていただいてます。外部人材の活用に踏み切った背景をお聞かせください。

桜木:外部パートナーさんへの依頼は、ランサーズを利用する以前から行なっていました。一部では制作会社さんもありながら、個人のライターさんとの契約が多かったですね。

なぜ今回、外部リソースの選択肢にランサーズを加えたかというと、ひとつは市況による影響がありました。ご存知のとおり求人市場は活況で、当社が運営する「DODA」のご利用社数は増え続けています。

掲載する求人広告は、一つひとつ手づくりしているんですね。企業ごとに課題や求める人材が異なりますので、コピペするようには量産できません。受注が増えるということは、制作業務が増えるということ。つくり手の数を確保する必要がありました。

―外部リソースではなく、自社で制作スタッフ採用するという選択は?

福本:もちろん採用活動は実施しました。主に求人広告制作の未経験者に入社してもらったんですね。求人広告をつくった経験がないので、既存の制作経験者による教育を施す必要があります。既存社員のリソースを教育に投下するということは、短期的に現場の広告づくりを担う人材が不足する。これが外部パートナーを増やす理由のひとつです。

同時に、制作者の担当する業務領域を広げて、法人に対するアクションを増やすという方針を打ち出しました。どんな人が応募に来ているのか、どういう人を探していくべきなのかを考えて提案する。求人広告をつくるだけではなく、顧客の採用成功に直結する業務を増やしていったんです。

必然的に、原稿作成だけに割けるリソースは減らさざるを得ませんでした。であれば、これまでは内製していた広告制作の一部を、外部に依頼したいと考えるようになったんです。

一時的に量が増えるとか、今だけ業務領域を広げるという短期視点ではなく、サービスレベルを高めて、顧客への価値を最大化するために現場のレベルを上げていく方針でした。恒常的な取り組みのためには、新しく採用するだけではなく、多くのクリエイターを抱えているところにお願いしたかった。そこで選んだのがランサーズだったわけです。

クオリティが担保されるサービス体系は、他にはなかった。

インテリジェンス桜木さん

―ランサーズを選んだ決め手はどこにあったのでしょうか。

桜木:キャパシティを確保していただけるかは、大前提としてクリアしていただく問題でした。依頼する仕事の量が、繁閑によって変動するわけです。案件の多い月があれば、少ない月もある。一ヶ月単位でも、月初は大量の依頼をしたいけど月末は少ない。かといって、こちらの都合に合わせて、常時スケジュールを空けていただくわけにもいきません。

仕事の多い時はたくさんのライターさん、少ない時は充足する人数だけという、固定ではない人的リソースの確保ができるのは魅力的でした。この点だけを考えるならば、どのクラウドソーシングでも実現したでしょう。数ある中でランサーズにお願いしたのは、「Lancers業務委託プラン」というディレクションまでお願いできるサービスがあったからです。

やはり大量の案件をお願いすると、クオリティにバラつきが発生しますよね。その調整や修正のやり取りを、社内に担当をつけてやるのは無理がありました。一定レベルの品質を担保した上で、こちらに納品してもらうことが理想であり、絶対条件でもあったんです。

この点でランサーズから提案いただいた、Lancers業務委託プランが魅力的でした。記事作成のディレクション経験が豊富な人に担当いただけること、HRに精通した大勢のライターさんとコネクションを持っていることに安心感があったんです。

―実際に記事作成を依頼して、そのクオリティについてはどのような評価でしょうか。

桜木:最初の段階では、可もなく不可もなしというか、良くも悪くも驚きはありませんでした。これまで依頼していた外部パートナーさんにしても、初回で当社の要望通りの原稿がバシっと上がってくることはなかったんです。

求人広告特有のクセみたいなものがありますので、1回目の初稿で完璧という期待はしておらず。ただ仕上がりを見る限り、手抜きをするランサーさんはいない印象を受けたので、Lancers業務委託プランが介入することで、いかにして平均点を出していくのかな、上げていくのかなと楽しみにしていました。

結果として、担当ディレクターさんと何度も意思疎通を行なったことで、期待したレベルの納品物を提出していただけたのは良かったです。

適切な要件定義によって、中長期でのベネフィットが得られる。

インテリジェンス福本さん

―期待に応えられる成果が出たのは、どのような要因があるのでしょうか。

福本:要件定義をきちんとやった、固めきったというのが、今回の成果のすべてだと思います。ランサーズのディレクターに、当社の希望を伝える。ディレクターが発注側の意図を汲んだ要件定義をしてくれる。決まった要件をランサーさんに理解してもらえるよう丁寧に伝える。その結果、ランサーの皆さんが良い求人広告をつくってくれるというサイクルです。

これをきちんとやることで、成果が出るスピードも精度も満足度が高まっていきます。当社の場合、導入期で10本程度の広告作成だったのが、今では月間200本程度。さらに3ヶ月後には倍の納品をいただけるストーリーが描けているんです。

依頼する量が増えても、ランサーさんの発掘からディレクションまでお願いできますから、当社としての負担はさほど増えません。もともと腕のあるディレクターさんに担当いただけて、かつ、継続することで精度が高まっていく。当社の実現したいことはディレクターさんが理解していますから、ランサーさんの裾野が広がることは、有効活用できるリソースを増やせたことになるんです。

発注数が増やせるということは、コストメリットがありますし、当社として次の手を打つためのリソース確保にも繋がります。要件定義をきちんと行なったことにより、数カ月後を損益分岐点にして、大きなリターンを享受できる状態になりました。

同時に、より精度が向上するための施策も検討しています。例えば専門性を磨いていただくとかですね。経験者を採用するためには、業界についての知見があって、「こういうペルソナ、ターゲットだから、こんな訴求が必要だな」と分かる、提案できるようになっていただきたいと思います。

そのために必要な知識とか情報は、ランサーさんにもどんどん共有する予定です。蓄積したナレッジがありますから。

―そういう貯めこんだノウハウを、外部の人に公開することに抵抗は?

福本:ないですね。良い物ができるなら、それが一番。もっと効率的に制作してもらう方がありがたいですし。仮に提供したノウハウで勉強して、当社の競合の仕事をすることになってもかまいません。

当社だけが良くなっても、業界全体が良くなるわけじゃないんです。ライターさんが知識を付けて、業界全体の広告クオリティが上がるなら、ぜんぜん、そんなケチくさいこと言ってても面白くないですからね。

―さすが、懐が深いですね(笑)。貴重なお話をありがとうございました。

編集後記

クラウドソーシングの活用は万能ではない。確かに単純なコストだけを考えたら、制作会社などに依頼するよりも削減できるだろう。法人に欠かせない、管理や営業の固定費を削減できる=中間マージンのない価格設定が可能だからだ。しかし、いわゆる「丸投げ」を推奨するものではない。適切な要件定義やディレクションが不可欠なのだ。では、ディレクションスキルに自信のない事業者は、人的リソースの有効活用手段として、クラウドソーシングを選択できないのか。ここで活用いただきたいのが、ディレクションまで提供しているサービス体系だ。ランサーズではワンストップのサービスを提供しており、同時に各社が必要とする部分だけを切り出すことも可能。費用・スキル・手間のバランスを鑑みて、最適な利用方法を選択できるのだ。

[ランサーズ編集部]

株式会社インテリジェンス

設立
1989年6月15日
従業員
3,976 名(有期社員含む、2015年3月末現在)

正社員領域・アルバイト・パート領域の求人メディアの運営、人材紹介サービス、人材派遣、アウトソーシングサービス、 新卒採用支援、教育研修サービス、組織・人事コンサルティングサービス、システムインテグレーションサービスなど